--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 02. 09  
かなり以前のこととなりますが、アメリカのボストンにお父さんの都合で住まれていた方からアメリカの生活について、メールを頂いては、アメリカというところの良いところ、ふ~んというところを知ることができました。その中でも、日本とかなり違うなぁ~と感じたことが、ボランティア精神というところにありました。
正直、アメリカと言う国は、社会が複雑で、社会問題も、かなり深刻なものがあると思います。その中で、それを改善しようとしたり、防止するために、国家機関や法律で対応するだけでなく、ボランティア団体を中心とした活動が活発であったこと、とても、感心すると共に、共感できるものでした。日本語を教えたり、英語を教えてもらえるところもあったと言うのは面白いなぁ~と思います。当然、そのサービスを受ける人は、ありがたいことだと思うでしょうし、ボランティアをされている方々は、自分たちの活動に真剣に向かい合い、そして、それを楽しまれているのです。

先日の千葉で行われた大会の際、試合の途中、20分ほどの休憩時間がありました。
審判、大会スタッフは、同じ控室に行って、お弁当を頂きました。
その際に、試合場で進行係をされていた男性の方と話をする機会がありましたが、
とても、しっかりされていましたし、空手家という雰囲気のする方でした。
こういう方々が大会スタッフをして下さるから大会の質が良くなっているんだなぁ~と当たり前のことをしみじみと考えてしまいました。その時に、上記のアメリカからの話を思い出した次第です。

空手の大会は、選手、大会スタッフ、応援の観客の全ての質が、とても、大切です。
選手をやりたい人は、稽古をしている人には、当然、多いですし、応援に行くぞ~と言う人も、それに伴ってきます。しかし、大会スタッフと言う意識は、希薄かなぁ~と考えてしまいます。自分は、かなり、大会スタッフの仕事もさせていただきましたので、その中で、色々な人とも出会いましたし、勉強になりました。ですので、機会がありましたら、是非、大会スタッフにも、挑戦して頂きたいと思います。





スポンサーサイト
NEXT Entry
ちょっと変われば・・・。
NEW Topics
フルコンタクトカラテスクール春季ジュニア大会2015
発見!
正伝流ジャージ2014のお知らせ
JFKO第1回フルコンタクト空手道選手権大会
武道の教えでいい子が育つ!
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村清志

Author:中村清志
空手暦27年 
正伝流空手道 中村道場 
師範 
http://www.seidenryu.com/
FACEBOOK 中村清志
https://www.facebook.com/nakamura.kiyoshi.587

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。