--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 11. 01  
10月30日(土)、31日(日)の両日、第42回全日本空手道選手権大会(主催 新極真会)が開催されました。

土曜日の大会初日は、台風の接近により、雨、雨、雨・・・でした。
ですが、会場に入ると、そこには、いつもと変わらぬ全日本大会の雰囲気が充満しておりました。
ましてや、今年は、世界大会の選抜試合を兼ねての大会となりますので、いつも以上に緊張感のある大会でした。

正伝流空手道中村道場からは、MN弐段とMF初段の2人が出場しました。
新極真会の全日本大会を1年の最大の目標において稽古を積んできた2人でしたので、
自分としましても、精一杯、サポートしていければと思い挑んだ大会でした。

MN弐段は、1回戦 H選手と対戦。激しい攻防の末、惜敗。
そのH選手が、2回戦 世界大会、ワールドカップと出場を重ねる大阪のS選手を破り大金星を挙げました。
全日本大会クラスでは、圧倒して、結果に繋がるような試合は、少ないですので、
1回戦のMN弐段の組手の内容を考えると本当に残念な結果となりました。

MF初段は、1回戦 再延長の末、上段の膝蹴りで技ありをとり、辛勝。
2回戦 新極真会のエース NT師範との試合となりました。
NT師範との対戦を意識して稽古を積んできたMF初段でしたが、
試合終盤 上段の膝蹴りで技あり。
完敗となりしました・・・。

今大会。
二日目は、自分は、伺うことはできませんでしたが、
MF初段を破ったNT師範が、他を圧倒して優勝されました。
新極真会の試合場で会った時は、いつも、これ以上と言えないほどの気遣いをして下さっております
NT師範ですが、試合場では、まるで、虎のようでした。
体幹の動きが、まるで、虎のような感じです。
これは、背骨の使い方まで、稽古の中で、工夫に、工夫を重ねて来られての動きと技なのだろうと考えてしまいました。

世の中には、とてつもなく、強い人がいると思い知らされた大会でしたが
だからこそ、もっと、もっと、頑張らねばと強く思うことのできた大会ともなりました。

出場したMN弐段、MF初段、お疲れ様でした。
大会の応援にきてくださった皆さま、そして、スタッフの皆さま、ありがとうございました!





スポンサーサイト
NEXT Entry
フルコンタクトカラテ秋季ジュニア大会2010
NEW Topics
フルコンタクトカラテスクール春季ジュニア大会2015
発見!
正伝流ジャージ2014のお知らせ
JFKO第1回フルコンタクト空手道選手権大会
武道の教えでいい子が育つ!
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村清志

Author:中村清志
空手暦27年 
正伝流空手道 中村道場 
師範 
http://www.seidenryu.com/
FACEBOOK 中村清志
https://www.facebook.com/nakamura.kiyoshi.587

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。