--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 03. 09  
小説 宮本武蔵の中に芍薬の花のことについて書かれているところがあります。

柳生の里に滞在していた宮本武蔵。
そこで、ふと目にした芍薬の花。
・・・というより、その茎の切り口。

生きながらにして切られている・・・一体、どんな人物がこれを切ったのか?

結果、その芍薬の花は、柳生の大殿様が切られたものだということが
わかり、ホッと胸をなでおろす宮本武蔵。

これが、もし、柳生の中でも、それほどの者でも無いものが切ったものならば、
その頂点の高さは、計り知れない。とても、自分では、柳生に太刀打ちできないと考えていたが、
大殿様と聞いて安心したと言う話です。

目標の高さが、わかること。
これは、とても、大切なことです。

いま、自分が太刀打ちできていなくても、
その高さがわかれば、いつかは・・・越えてやると言う気持ちになれると良いですね。





スポンサーサイト
NEXT Entry
第12回ジャパンカップ
NEW Topics
フルコンタクトカラテスクール春季ジュニア大会2015
発見!
正伝流ジャージ2014のお知らせ
JFKO第1回フルコンタクト空手道選手権大会
武道の教えでいい子が育つ!
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村清志

Author:中村清志
空手暦27年 
正伝流空手道 中村道場 
師範 
http://www.seidenryu.com/
FACEBOOK 中村清志
https://www.facebook.com/nakamura.kiyoshi.587

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。