--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009. 04. 06  
4月5日(日) 第14回全関東空手道選手権大会が開催されました。
主催は、新極真会 横浜木元道場、会場は、横浜文化体育館でした。
幼年部からシニアまでのこの大会。
総出場者数は、509人。一般部無差別級には、保本選手が出場。
激戦の無差別級を制されました。

正伝流空手道中村道場からは、9人の選手が出場。
一般中量級では、F初段が、優勝することができました(嬉)。
また、他の選手たちも、今大会に向けて、鍛えてきたこと、習得してきたことが
かなりできるようになっての惜敗が多く、実りのあった大会となりました。
新極真会の試合場で、勝つことは、本当に難しいことです。
しかし、そこで、自分の実力を試したいと願うのは、極真空手を学んできた者の
本能なのかもしれませんね。

今大会におきましても、色々なことを学ぶことができた大会でした。
試合の一つ、一つにつきましても、反省するべきところは、たくさんあります。
また、良かったところもあります。
しかし、良かったところを自画自賛したところで、次へと駒を進めることは、難しいと思うのです。
やはり、気になることは、課題となるべき反省点となります。

結果を真摯に受け止めることから、始めて行くことが、次への試合へと繋がるのだと考えます。
また、その中で、気づくこと、学んだ事が、自分自身の空手を深くしてくれると思うのです。

F初段の優勝と頑張った選手たちから自分たちは、沢山のことを学ぶことができたのだと思います。
そのことを各人が、受け止めて、自分たちの空手に活かしていければよいですね。

いつも、思うことですが、このように素晴らしい大会を主催して下さった大会主催者である師範、先生、スタッフの方々に感謝しております。そして、また、一生懸命に稽古に励み、新極真会という懐の大きな空手に挑ませて頂ければと思っております。  押忍。



スポンサーサイト
NEXT Entry
ぞうきん
NEW Topics
フルコンタクトカラテスクール春季ジュニア大会2015
発見!
正伝流ジャージ2014のお知らせ
JFKO第1回フルコンタクト空手道選手権大会
武道の教えでいい子が育つ!
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村清志

Author:中村清志
空手暦27年 
正伝流空手道 中村道場 
師範 
http://www.seidenryu.com/
FACEBOOK 中村清志
https://www.facebook.com/nakamura.kiyoshi.587

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。