--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007. 05. 16  
正伝流空手道中村道場が、道場開きをして、早くも一ヶ月が過ぎました。
あっという間の一ヶ月でした。
充実している一ヶ月でした。
たくさんの感謝が詰まった一ヶ月でした。

新しく道場を設立しますと色々と問題が起こります。
そのひとつ、ひとつを丁寧に対応していけるように心がけることが大切だと思っております。
その問題のひとつは、こんなことです。

幼・少年部では、今までですと回りに先輩がいるから、
稽古に入ってやっていると何となくこうするんだということがわかってきます。
また、先輩が沢山いるから大人しくなるのですが・・・。

新しい道場ですとその最初の人たちは、1から10まで、説明しなければなりません。
挨拶の仕方、基本稽古などは、当たり前ですが、稽古中にしゃべってはいけないとかからです。
その場合、根っこのところからの指導ということになります。

最初は、優しく話をします。
次は、諭すように注意をします。
そして、最後は、仏の顔も、3度までです。
げんこつとなります。

20070516010707.jpg


自分のげんこつは、とても痛いです。
とても心をこめて、げんこつをします。
本当に直さなければと言うときには、容赦なく、げんこつとなります。
親にも、叩かれたことがないの・・・と言う子供には、かなり強烈です。

元気の良い子を車に例えるならば、
1度目、2度目の注意は、ブレーキです。
3度目のげんこつは、急ブレーキとなります。

道場の中でのルールは、簡単です。
稽古を一生懸命にがんばることと人に迷惑をかけないことです。
子供は、無邪気で、感覚で動きます。
だから、たまに、ブレーキをかけなければならない時があります。

子供達に、ブレーキをかけることのできる大人でありたいと思う今日この頃です。


しかし・・・。
げんこつ直後は、おとなしいのですが・・・。
復活のはやさは、実にたいしたものでもあります。
感心している場合では無いのですが・・・。

たいしたものです。






スポンサーサイト
NEXT Entry
できること
NEW Topics
フルコンタクトカラテスクール春季ジュニア大会2015
発見!
正伝流ジャージ2014のお知らせ
JFKO第1回フルコンタクト空手道選手権大会
武道の教えでいい子が育つ!
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村清志

Author:中村清志
空手暦27年 
正伝流空手道 中村道場 
師範 
http://www.seidenryu.com/
FACEBOOK 中村清志
https://www.facebook.com/nakamura.kiyoshi.587

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。