--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008. 11. 24  
11月23日(日) 福島市国体記念体育館において第25回東北空手道選手権大会が開催されました。
それと同時開催として、第15回シニア空手道選手権大会と第21回子供型空手道選手権大会が開催されました。上記の通り、それぞれが回数を重ねた歴史のある大会です。

touhoku P

夏のドリームカップの際にお誘いをいただいておりましたこともあり、正伝流空手道 中村道場からは、自分とH氏の2人が、シニア空手道選手権大会に出場しました。結果は、シニアクラスで、自分が3位に入賞させていただくことができました。

touhoku 2


今大会は、それぞれが歴史のある大会です。
シニア大会は、日本の中で、最初に開催された大会です。
シニア大会は、ミドルシニアクラス 35歳以上42歳、シニアクラス43歳以上50歳、グランドシニア51歳以上の3クラスでの試合。東北エリアをはじめ、東京・神奈川からも、多数の出場者が来られていました。
東北空手道選手権大会の舞台で、シニア大会も、行われましたので、檜舞台に立つことができる大会です。
防具は、スネサポーターとファールカップのみが防具となります。
一般部の試合では、スネサポーターも無いのですが、シニアレベルの試合では、画期的なことだと思います。ですから、組手の試合は、とても、激しいものとなります。
結果、試合が終わった次の日は、あちこちが痛いのです。
大会の進行も、詰め込むような進行ではなく、1試合、1試合が、キッチリとインターバルが取られているので、1試合終った後は、暫く、時間があるので、選手にとっては、非常に助かります。
また、パンフレットにも、流派名は、無く、住所の県、選手の呼び出しの時にも、居住している県が言われます。これは、とても、良いことだと思うのです。


そんなシニア大会は、とても面白いのです。
何が面白いかと言いますと、試合後の挨拶。
対戦した人と沢山、話しこんでしまいます。
また、対戦前の人とも・・・。
「早く終わらせて、飲みたいね・・・。」と言われていた方もいました。
しかし、試合となると「もの凄い気迫!」。
先程の話は、どこへ・・・。
そして、試合が終ると、また、話が弾むのです。
元気なお父さん達の集いとも言うべき大会でした。

「ドリームカップで会おう!」と再戦の誓い(?)があったことは、言うまでもありません。

会場で色々な人の試合を拝見して思う事は、シニアのレベルが上がっていることです。
以前の試合は、突きのラッシュと下段、そして、スタミナ勝負と言う感じでした。
今は、一般の技術がそのまま使われております。
胴廻し回転蹴りまで、使いこなす選手が居ました(驚)。
「ドリームカップ」と言うものが、沢山のシニアの目標になっているのでしょうね。
目標があるということは、やはり、影響力があるということだと思います。
来年のドリームカップは、今年以上に凄い大会になるのでしょうね。楽しみです。

一般部では、西山道場の鈴木勇人選手が、強豪犇く中で、優勝されました。
何と17歳の高校生です。
自分よりも、大きな選手に一歩も引かない組手は、素晴らしいものがありました。
そして、試合の後、同選手が、「将来、世界チャンピオンになりたい!」と言っていたコメント。
これからが、益々、楽しみですね。

正伝流空手道中村道場の選手も、がんばりましょう!

PS:正伝流空手道 中村道場から福島まで、応援に来てくださった皆様、本当にありがとうございました。優勝には、届きませんでしたが、皆さんの応援のおかげで、がんばることができたと思います。この大会で、学んだことを今後の稽古の中で、活かせるように、がんばりたいと思います。これからも、よろしくお願い致します。






スポンサーサイト
NEXT Entry
東北空手道選手権大会&シニア空手道選手権大会 2
NEW Topics
フルコンタクトカラテスクール春季ジュニア大会2015
発見!
正伝流ジャージ2014のお知らせ
JFKO第1回フルコンタクト空手道選手権大会
武道の教えでいい子が育つ!
Comment
おめでとうございます!
師範、おめでとうございます。凄い!!練習の成果ですね(技術より精神的に強くなっているということかもしれませんね!)。何よりも、この結果は、心強い皆様方の応援があったことだと思います。羨ましい限りです!
この結果より、更に今後の目標もできましたし、皆からの目標となるかもしれません。。今年から、再チャレンジし、それが結果として出たことを我がことのように本当に嬉しく思います。これからも頑張ってくださいね。私も刺激を受け、更に精進しようと・・・ 本当におめでとう!!
トリさま。
いつも、コメント、ありがとうございます!本当に良い大会でした。そして、「来年も、来いよ!」と言われておりますので、目標にして行ければと思っております。人が、がんばることを見て、自分も、がんばる。その自分を見て、他の誰かが頑張ろうとすること。バトンリレーになりますね。これは、とても、良い連鎖です。そして、何周かしたら、また、自分に!そういう時は、自分だけでない頑張りが出せますね。夏のドリームカップに出場してから、シニアにも、かなりのツワモノのオジサンが居ることが分かりました。そういう人達と、拳を交えても、恥ずかしくないように稽古に励んで行きたいと思っております。今年の冬は、ひたすら走り込みます。走って、走って、走る。そうして、来年の夏のドリームカップに挑みたいと思っております。トリくんも、仕事とソフトボール、がんばってください!では!
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村清志

Author:中村清志
空手暦27年 
正伝流空手道 中村道場 
師範 
http://www.seidenryu.com/
FACEBOOK 中村清志
https://www.facebook.com/nakamura.kiyoshi.587

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。