--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008. 06. 02  
「人にやさしく、自分に厳しく」ということを良く言われますが、
これが本当にできておりますと、人との争いごとは、減るのだと思います。
「矛を止める」という「武」という文字の真髄を実践するためには、いつも、心がけておきたいことです。

しかし、言うは易し、行うは難し・・・は、世の常です。
空手の稽古をしておりますと「苦しいこと」沢山、あります。
稽古の中での「苦しいこと」は、瞬間的なものです。
その瞬間の苦しさを我慢できることができるか、否かが分かれ目となります。

道場で稽古をしておりますと
キッいなぁ~から始まって、段々と苦しくなってきます。
苦しくなってきますと、もうやめたい・・・と思うのが人間。
自己防衛本能ですね。
逃げたい気持ちが常に付きまとっていることが、自分自身にブレーキを掛けてしまいます。

その時、自分は、苦しいことをやっているのだと、腹を括り覚悟を決めることができると
気持ち的には当然のことですが、体も、楽になってきます。
自分自身のブレーキをかけるところが変わってくるということですね。

日常生活と仕事において思うこと。
余裕というブレーキが無いと、感情に振り回されます。
カチンと来た時に、グッと我慢できると良いですね。
その瞬間を我慢する。
そして、相手の言わんすること、やろうとしていることを見据えることができるか、否か。
その上で、良く判断し、行動すること。
これも、同じことだと思うのです。

自己防衛本能というブレーキは、人が生きていく上では、なくてはならないものですが、
これを自分で、コントロールすることができればと思うのです。

「人にやさしく、自分に厳しく」
実践することは、中々、難しい・・・。





スポンサーサイト
NEXT Entry
正伝流会報 Vol.5  6月号
NEW Topics
フルコンタクトカラテスクール春季ジュニア大会2015
発見!
正伝流ジャージ2014のお知らせ
JFKO第1回フルコンタクト空手道選手権大会
武道の教えでいい子が育つ!
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村清志

Author:中村清志
空手暦27年 
正伝流空手道 中村道場 
師範 
http://www.seidenryu.com/
FACEBOOK 中村清志
https://www.facebook.com/nakamura.kiyoshi.587

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。