--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007. 12. 21  
師走です。

今年も、残すところ後、10日となってしまいました。

やらねばならないことが、多々とあり・・・。
そんな状態の日々。

大人の方は、色々と忙しい時期ですね。
忘年会、仕事の整理、片付け、あいさつ回りなどなど。
普段、稽古、特に試合前など色々なものを差し置いて稽古に没頭しているだけに
この時期には、仕事、私生活に偏ることは、仕方のないことだと思います。

そうやって、バランスをとっていくことができなければ、
職場、家庭では、空手に対しての理解は、かなり低いものになると思うのです。
「好き勝手なことばかりやりやがって・・・。」となっては、空手ができなくなってしまいますね。

そうなっては、大変な話となるのです。
そうなる前に、奉公返しでは、無いですが、頑張ってきてください。
そして、楽しんで来て下さいね。


そんな最中。
少年部、がんばっています!

一般部に参加してくる者。

小さな体で、聾唖者のハンディを持ちながらも、必死になって特トレを頑張っている者。

毎日、毎日、遠くから稽古に来ている者。

特トレで、泣きながらも、頑張っている者。

過呼吸で息ができていないのに、立ち向かって行く者。

なぜ、そこまでできるのか・・・。

彼らの生き様なのですね。


そして、今日。

木曜日は、大切にしている稽古があります。

自閉症というハンディキャップをもっている少年部と2人で稽古をする時間です。

最初は、みんなと一緒に初心者クラスからと始めたのですが、
とても、難しいということで、お母さんと相談してこのような時間を設けさせていただいております。
そんな時間ですから、道場には、自分と彼の2人っきりです。
誰かがいると、自閉症という症状を持たれていると、集中できなくて、稽古にならないのです。
だから、何ができるのかなぁ~というところからの稽古でした。

変化は、すこしづつですが、感じておりました。

毎週、毎週、できることが明らかに増えてきていること。

そして、今日。

チャレンジをしてみました!

いつもは、自分と彼の2人きりの稽古。

今日は、お母さんが見学しての稽古です。
自閉症の彼にとっては、かなりのハードルです。

そして、彼は、それをやり遂げることができました。

健常者ならば、当たり前にできることです。
ですが、彼にとっては、大きなチャレンジでした。

チャレンジから学ぶこと。

沢山、ありますね。

その瞬間に立ち会えること。

指導者冥利に尽きる瞬間です。






スポンサーサイト
NEXT Entry
第1回 JKJO 全日本ジュニア大会
NEW Topics
フルコンタクトカラテスクール春季ジュニア大会2015
発見!
正伝流ジャージ2014のお知らせ
JFKO第1回フルコンタクト空手道選手権大会
武道の教えでいい子が育つ!
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村清志

Author:中村清志
空手暦27年 
正伝流空手道 中村道場 
師範 
http://www.seidenryu.com/
FACEBOOK 中村清志
https://www.facebook.com/nakamura.kiyoshi.587

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。