--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007. 10. 04  
稽古をして、稽古をして、チャンピオンになる。
これは、とても素敵なことだと思います。
優勝の旗が自分に上がった時は、至福の極みと言えるのではないのでしょうか。

チャンピオンになったら、どうなるか?
プロスポーツ選手のチャンピオンならば、一夜明ければ、別世界に仲間入りということがあるかもしれませんね。

しかし、自分達のやっている空手。
優勝して、チャンピオンともなると、道場では、その人に対し、道場生の方の見方は明らかに変わります。

しかし、日常生活。

ハッキリといって、日常生活の何が変わるという事はないです。
試合の次の日も、社会人ならば、仕事がいつも通りあります。
学生ならば、いつも通りの学校です。

道行く人が、○○チャンピオンよ!・・・と有名になることもないです。

ましてや、賞金が出ること皆無です。

つまり、利を得るという事は、無いということです。
これは、現代の行動哲学に反したことですね。

では、何のために試合に出場するのでしょうか。

自分を追い込み続け、
やりたいことも後回し。
くじけそうになること多々あり、
自惚れる事も、少々。

自己を見つめ、
自己を高め、
そして、挑戦すること。

このこと、自身が、修行であり、稽古であるのです。

自己を見つめ、自分の限界を一つ、一つ、超えること。
その中で得るものは、「徳」だと思います。

稽古を積み重ねる事は、
「徳」を積み重ねることだと思います。

この「徳」を積み重ねることで、
強さを育み、
己を器をより大きなものにできるのではないのでしょうか。

それが、人徳となり、武徳となると考える今日この頃であったりします。






スポンサーサイト
NEXT Entry
大欲
NEW Topics
フルコンタクトカラテスクール春季ジュニア大会2015
発見!
正伝流ジャージ2014のお知らせ
JFKO第1回フルコンタクト空手道選手権大会
武道の教えでいい子が育つ!
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村清志

Author:中村清志
空手暦27年 
正伝流空手道 中村道場 
師範 
http://www.seidenryu.com/
FACEBOOK 中村清志
https://www.facebook.com/nakamura.kiyoshi.587

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。