--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007. 04. 08  
本日は、早起きをしました。
何と、5時起きです。
それから、バナナを2本、腹に収め、富士の工房へと行ってまいりました。
小田原厚木道路 トンネルを抜けると富士山が目の前に見えました。
久しぶりの富士の山でした。


それは、さておき。
看板を作って来ました。
工房の主は、元会社員時代の上司でした。
自分は、とても、この方を尊敬しています。
また、仲人もしていただきました。
恩人でもあります。

今は、富士の裾野に工房を構えられ、アメリカンクラフトという
工法で、簡単に普通の人でも、かなりの家具をつくれてしまうでぇ~と言うことを教えてくれるところです。

新道場の設立の際に、道場の看板を作るならば頼みたいと思い連絡しました。
答えは、当然、「自分でつくれ!」。

朝8時半に工房に入り。
板と対面。
幅40cm×長さ2m20cm×厚さ6センチの欅でした。
「道場破りが来ても、持って行けへんで・・・。」と仰られておりました通り、重さは、一人では、もてません・・・。

途中 昼食と夕食で、休憩しました。
終了 夜11時半でした。
気がつけば15時間・・・。
無我夢中というのは、こういう時間なのでしょうか。

「正伝流空手道 中村道場」と彫りこんで来ました。
その上にニスを塗るところまで出来ました。
残りは、こちらでの作業となります。
文字に色をつけていきます。

最高の名前をつけようと「正伝流空手道 中村道場」の名前をつけてくださった先生。
道場設立の祝いだと言って「書」を書いて下さった書道家の先生。
正伝流空手道 中村道場のデザイン全般を支えてくださっているデザイン軍団の方々。
正伝流空手道 中村道場 の沢山のことをバックアップしてくださっているKさん。
看板作製のために工房を提供してくださったOさま。
正伝流空手道 中村道場 設立に向けて応援してくださっている方々。
そして、家族。
沢山の感謝を込めて彫らして頂きました。

また、正伝流空手道 中村道場が、これからの時代の中で必要とされる空手道場となることを願いを込めて彫ってまいりました。

完成までは、もう少しです。

道場開きも、もうすぐです。

気合が入ります!押忍。









スポンサーサイト
NEXT Entry
未来
NEW Topics
フルコンタクトカラテスクール春季ジュニア大会2015
発見!
正伝流ジャージ2014のお知らせ
JFKO第1回フルコンタクト空手道選手権大会
武道の教えでいい子が育つ!
Comment
いよいよですね
先生いよいよですね。
最近皓稀ですが、空手に対して今までと違ったような変化が現れだしました。
親としては、今後が楽しみです。
瑛稀は、頑張っているとは思うのですが、同じ兄弟でも温度差を感じてしまいます。親がそんな事を言ってはいけないと思うのですが、瑛稀にも弟に負けないように、頑張って欲しいものです。
こんな子供達ですが、今後とも宜しくお願い致します。
越田さま。
道場開きまで、もうすぐです。
もうすぐ、スタートとなります。
船出が近づいてきております。
不安な気持ちとワクワクする気持ちが混同しております。
楽しみです。

お子様、お2人につきましては、両名共に良いところがありますし、悪いところもあります。人の成長は、表面的なもので判断すると小さな芽を摘むことがありますので、注意が必要だと思います。
お2人のお子様の子育て、成長に道場をお役立てください。押忍。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村清志

Author:中村清志
空手暦27年 
正伝流空手道 中村道場 
師範 
http://www.seidenryu.com/
FACEBOOK 中村清志
https://www.facebook.com/nakamura.kiyoshi.587

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。