--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007. 09. 12  
空手に携わって20年以上が過ぎました。
指導に携わるようになってからも、10数年が過ぎております。
そりゃ~、年も取りますね。

自分は、子供が好きです。

ですから、たくさんの子供たちと共に空手をしてくることができました。
この経験は、自分にとってかけがいのない人生の財産だと思っております。

その中で、やはり、何度か、相談されたことがあります。
いじめについてです。

驚くことにパターンは、すべて同じです。
いじめている者は、親分がいて、それに連動して取り巻きがいます。
そして、それをさらに取り囲むように、次にいじめられないようにと言うことをことを聞いている連中たちがいるという具合です。

いじめられている方も、同じパターンが多いです。

何もやり返さない・・・。

嵐が去るのを祈るばかり・・・。

嵐が去ってくれれば良いのですが・・・。
居心地が良くては、去ってもくれないのです。

さて、どうしたものか・・・。

過去から、現在まで、自分の言うことはいつも同じです。

「喧嘩して来い!」です。

大抵の反応は、「なんで、僕が喧嘩をしなければならないの・・・。」
となります。

「そこまで、追い詰められているのに、何で、戦わないのか?」と聞いてます。

そこからは、禅問答のような会話が続きます。

スパーリングでも、組手でもそうです。
一方的な受けにまわっているとかなりの確率で追い詰められます。

闘わなくても良いならば、闘う必要はありません。
しかし、闘わなければならないときは、闘うしかないのです。
そこから逃げるていると、どこまでも、追っかけくるのですから・・・。

相談後の結果は、いつも、同じです。
いじめられなくなったです。

喧嘩したも者もいます。
喧嘩できなかった者もいます。
喧嘩ができない自分に怒りを覚え奮起した者もいます。
喧嘩しようとしたら相手が逃げてしまったという者もいます。

いじめられて、弱いのが悔しくて、空手をがんばってチャンピオンになった者もいます。

いじめられると心が萎縮してしまいます。
そうなると勇気を振り絞ることができなくなるかもしれません。

しかし、勇気は、みんなの心の中に詰まっています。

振り絞るしかないのです。

勇気を・・・。

がんばるべし!






スポンサーサイト
NEXT Entry
寅さん
NEW Topics
フルコンタクトカラテスクール春季ジュニア大会2015
発見!
正伝流ジャージ2014のお知らせ
JFKO第1回フルコンタクト空手道選手権大会
武道の教えでいい子が育つ!
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村清志

Author:中村清志
空手暦27年 
正伝流空手道 中村道場 
師範 
http://www.seidenryu.com/
FACEBOOK 中村清志
https://www.facebook.com/nakamura.kiyoshi.587

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。