--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007. 06. 26  
「右手が折れたら、左手で叩け。
左手が折れたら、蹴りで。
脚が折れたら、噛んででも倒せ。
それで、死んだら呪ってでも倒せ!」

このようなことを言われたのは、極真会館 創始者 大山倍達総裁です。

大山総裁の覚悟。

言葉の節々から伝わってきます。
このような強い意志があってこそ、極真会館という世界一の空手組織ができたと思います。

自分たちに置き換えて考えます。
空手は、もちろんのこと、人間関係。
自分の伝えようとすることがうまく伝わっていなこと沢山あると思います。

しかしです。
諦めていませんか。

どうしても、伝えたいこと。
わかってもらいたいこと。

伝えることで相手が変わるという保証はありません。
また、逆の場合もあると思います。

しかし、伝えるべきことは、ビシッと伝えなくてはならない時があります。
手段は、色々ですが・・・。

そこが、正念場なのですね。

覚悟の程が試される時です。


スポンサーサイト
NEXT Entry
旧友
NEW Topics
フルコンタクトカラテスクール春季ジュニア大会2015
発見!
正伝流ジャージ2014のお知らせ
JFKO第1回フルコンタクト空手道選手権大会
武道の教えでいい子が育つ!
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村清志

Author:中村清志
空手暦27年 
正伝流空手道 中村道場 
師範 
http://www.seidenryu.com/
FACEBOOK 中村清志
https://www.facebook.com/nakamura.kiyoshi.587

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。