--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 04. 22  
4月21日(日)朝5時30分・・・犬の雄たけびにより起床。6時30分頃に起こしてくれるようになるといいのですが…。愛犬のサマータイムは、なぜか、5時半です…自分が、3時ぐらいに寝ても、11時ぐらいに寝ても、だいたいがこの時間です。目覚まし時計の代わりを務めてくれるのは良いのですが、時間を指定できないのがネックです。そして、雨の日は、散歩にも行くことができず、およそ1時間、暇を持て余します。
 そんな雨の日、頃合いを見て、JKJO審判講習会&関東交流試合に向かいました。9時に開場されるやあっという間にセッティング完了。正伝流空手道中村道場からは11名が出場しました。結果、ふたりが優勝、ひとりが3位に入賞させて頂くことができました(嬉)。勝った人には、勝った人の課題、負けた人には、負けた人の課題を手に入れることのできた交流試合となりました。

2013042201
優勝したふたりの胸には、金メダル(嬉)!

 そして、今日の稽古は、昨日の試合に出場した選手がゾロゾロとやってきては、今週のカラテスクールジュニア大会へ向けての稽古、がんばりました!
 試合については、賛否両論有ると思いますが、試合をした次の日も、当たり前に稽古に励むことのできる彼ら、彼女たちは、一生懸命さは、見習わねばと思うばかりです。
 
 そして、JKJO審判講習会&関東交流試合終了後、同じ会場で開催されておりました第24回東都空手道選手権大会へと移動。いつも、お世話になっているカラテスクール、空手道MAC、西山道場の選手の活躍に、とても、刺激を受けました。来年は、正伝流空手道中村道場からも出場できればと思います。押忍

2013042202


スポンサーサイト
2013. 04. 16  
4月13日(土)14日(日)愛知県旭高原少年自然の家においてJKJO全日本強化合宿が開催されました。全国から104人の選手が集った強化合宿は、とても、中味の濃い合宿となりました。参加された選手のみなさんの動き、気迫から学ぶことも然ることながら、一般、ユース、ジュニアとそれぞれを担当して下さっている強化委員の師範方の指導の内容からも沢山のことを学ばせて頂けた合宿となったこと、とても、感謝です。
 最後に一般の方のスパーリングに混ぜて頂きました。これも、とても、楽しかったですし、勉強になりました。来年は、体調万全で挑みたいと思います。押忍

2013041601


2013. 04. 15  
 本日、皆様のおかげで正伝流空手道中村道場も開設して6周年を迎えることができました。毎年、同じことを言う・・・とご指摘されてしまうかもしれませんが、この6年間、正伝流空手道中村道場は、多くの人達に支えられて歩んで来られたことをただ、ただ、感謝するばかりです。ありがとうございました。
 
  昨年を振り返るとJKJOのお手伝いと共に、JFKO設立のための準備にもお手伝いをさせて頂く機会の多かった1年でした。昨年4月より9回のJFKO設立準備委員会を経て、本年3月18日 JKJO、新極真会、極真空手連合会、芦原会館などを中心とした219流派、海外92カ国が大同団結し、全日本フルコンタクト空手道連盟(以後、JFKO)が発足致しました。

 1994年に極真会館 大山倍達総裁が永眠されてからのフルコンタクト空手界は、極真会館の分裂から始まった
分裂の連鎖の果てに「空手をオリンピック種目にする。」という空手界の夢に向かって、ついに大同団結することができたのです。今後、JFKOの活動が益々、活発になることより、日本から世界へ空手界全体に大きな流れができることと思います。その中で、本当に微力ですが、正伝流空手道中村道場でできることに対しての協力は惜しまない所存でおります。その先にあるものが、空手界の夢であり、現在、道場に通っている子供たちの夢舞台になれば、こんなに嬉しいことはないと思います。
 
 しかしながら、その活動の一端に自分が従事できたのは、指導員・黒帯の方々が自分が道場を留守にするような時でも稽古の指導をして下さったことは勿論のこと、道場生の方々にも、これらの事情をご理解頂き応援して頂けたからに他なりません。沢山の方々に支えて頂けたからこそという感謝の気持ちを忘れることなく、次のステップへと進んで行ければと思います。

 その上で、日々の稽古の中で学んだことやJKJO及びJFKOの活動の中で学んだことや得たことを正伝流空手道中村道場の中で伝えて行くことができればと願っております。そのことが道場生の方々、ひとり、ひとりの強さとなったり、やさしさとなったり、または、空手道の道標になったり、空手道に対しての面白さに繋がって頂ければと願っております。これからも、大変なことがあると思いますが、道場生の方々と共に正伝流空手道中村道場として克服し乗り越えて行きたいと思いますので、これからも宜しくお願い致します。押忍



                                   
 
2013. 04. 05  
3月31日 先日の日曜日、平塚アリーナにおいて第107回清武会トーナメントが開催されました。
正伝流空手道中村道場からは、12人の選手が出場しました。

2013040501

 結果は、MY8級が、高校生活最後の日に、一般初級の部で優勝させていただくことができました(嬉)。正伝流にもユース世代の波が来たのでしょうか???

2013040502

 子供たちも、組手の内容が変わってきているので、これからが楽しみです。
 そして、一般上級の部に出場したAK1級。久しぶりの試合に、どうなることかと思っておりましたが、がんばりました。復帰戦の初勝利は、次回、持ち越しとなりましたガ・・・。次回に期待大・・・のはずです。多分・・・。押忍


プロフィール

中村清志

Author:中村清志
空手暦27年 
正伝流空手道 中村道場 
師範 
http://www.seidenryu.com/
FACEBOOK 中村清志
https://www.facebook.com/nakamura.kiyoshi.587

カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。