--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 07. 27  
7月18日(月・祝日) 2011フルコンタクトカラテ夏季ジュニア大会が開催されました。

1部と2部に分かれて幼児~小学6年生が各クラスに分かれて、熱い試合を繰り広げてくれました。正伝流空手道中村道場からは、36人が出場しました。

結果は、優勝3人、準優勝3人、3位入賞4人、そして、敢闘賞1人でした(驚)。残念ながら、入賞までもう少しと言うところで負けてしまった子供たちも沢山いましたが、本当にみんなが頑張っていた試合でした。この子は、こんなに強かったのか~と感心してしまう試合もありました。また、正伝流以外の道場の子供たちの試合も、同じく熱い試合を見ることができ、第1部のBコートで試合場責任者をしておりました自分としましては、見る試合、見る試合に引き込まれることが多かった大会でした。

この子供たちの試合での頑張りを見ていると改めて試合は、勝ち負けだけではないと思うことができました。試合に向けて頑張ることや試合の中で一生懸命に学ぶことで成長して行くこと。勝つことができた子供たちは、そのことが自信になっていますし、負けた子供たちは、次こそは・・・と次の日から稽古に励んでいる子供たちも居ました。

試合の中で学ぶこと。

そのことがやはり、大事だな~と改めて思うのでした。

PS:今週末は、自分も試合となります。子供たちに負けないように、自分たちも頑張りたいと思います。応援の程、宜しくお願い致します。




スポンサーサイト
2011. 07. 16  
ドリームカップ2011のゼッケンが届きました!
ゼッケンの上には、「がんばろう東北、がんばろう日本!!」という言葉があります。この言葉、軽くないです。選手ひとり、ひとりが、この言葉を背負って頑張れると良いですね。熱い大会になりそうです!

2011071601




2011. 07. 15  
昨日のこと。
注文していた道場のミットが届きました(嬉)。
その中に入っていたサービス商品。

2011071501

正伝流空手道中村道場では、扇風機、うちわなどの暑さ対策が全開の毎日。これは、どうでしょうね。試してみますね・・・。




2011. 07. 11  
7月10日(日) F初段の結婚式に行って来ました。

F初段は、消防士。
奥様は、バスガイドなどをされていたとのこと。

会場は、体育会系の男の人達に混じって、素敵な女性の方々がチラホラ。

新郎新婦の人柄でしょうね。
宴は、和気あいあいと進み、気がつけば、あっと言う間の3時間。

時計を見ることも気にしないほど楽しい時間を共に過ごさせて頂きました。余興も、凄く面白かったです。やはり、体育会系のノリは、自分に合っていると言うことなのでしょうね。新婦のご両親への手紙も、とても、良かったです(嬉)。

道場師範ですので、結婚した2人の出会いのところから立ち合わせて頂き、色々とありましたが、その結婚式が、このように温かな時間となったこと、とても、嬉しい気持ちになりました。まるで、気分は、お父さんのようです・・・(苦笑)。

末永く、お幸せに!

PS:道場生有志で2次会をしようと言う話がでておりましたが、N初段が幹事???




2011. 07. 09  
東海地方は、梅雨明けをしたとのこと。
関東地方は、まだ、梅雨明けしていないのに・・・暑いですね。今日は、天気予報では、32度まで上がるそうです(辛)。今年の夏は、半端ではなくキッい暑さになりそうですね。そんな暑い日々、皆を更に熱くするものが発表されました!

2011070901

ドリームカップ2011のトーナメント表です!
正伝流空手道中村道場からは、10人の選手が出場します。

夏、近し!

今年の夏も、熱く、がんばりましょう!



2011. 07. 05  
先日の試合。

ジュニアの試合を見ていますと信じられないような動きをする選手も沢山いました。そういう選手の組手は、技ありをふたつとっての合わせ一本勝ちが多かったです。大人がその様な動きができたら、どんなに凄いだろうと思えるほどの動きも多々ありましたので、自分としましては、子供たちのパフォーマンスの高さに、ただ、ただ、驚くばかりです。

また、本戦、盛り返しての延長。延長 技ありをとって、取り返され、結局、体重判定の末、惜敗のTH8級。最後まで諦めない彼の試合。技ありをとって勝ちに繋げることは、試合に出場するからには、大切なことですが、最後まで、諦めないで戦い抜くことから学ぶこと。空手道の試合は、修行の場であるということを改めて思うことができました。

良い経験ができたね、TH10級!

次も頑張ろう!

自分も、試合、頑張ります!




2011. 07. 04  
7月3日(日) 川崎マリエンにおいて、新極真会川崎東川原道場主催による川崎東交流試合が開催されました。型の試合、組手 幼年~壮年まで26クラスのトーナメントが行われました。正伝流空手道中村道場からは、型の試合1人、組手試合6人が出場させて頂きました。結果は、下記の通りとなります。入賞された方々、おめでとうございます!

2011070301

HN4級 小学5年女子 優勝
MM4級 小学5年生上級 優勝
TF6級 小学4年生初級 3位

今大会、大会の会場の雰囲気がかなり熱い大会でした。緊張感のある雰囲気がとても気持ちの良い大会でした。その影響なのか、正伝流空手道中村道場から出場した6名の選手は、かなり、がんばりました!優勝したふたりは、上段の膝蹴りを駆使して技ありをとっての勝ちが多かったです。また、入賞は、できませんでしたが、TH8級の試合は、熱かったです。本戦、巻き返しての延長、そして、延長では、彼の上段廻し蹴りでの技あり、そして、最後の最後で、技ありを取り返され、体重判定の末の惜敗。3位に入賞したTF6級の試合も、惜しかったです。NH6級は、組手初勝利、おめでとうございます!IM6級も、粘りに粘ったのですが・・・もう少しでした。

試合に出場した選手の皆さん、お疲れ様でした!
NK師範をはじめとしたスタッフ、審判の皆様、ありがとうございました!



2011. 07. 02  
7月1日より法律により企業では節電対策を取らなければならなくなったとのこと。平日休業の会社もありますし、早朝出社の会社もあります。震災後、社会の状況がダイナミックに変わってきている今日この頃です。そう言う時に中部大学のT先生のブログを読んでみました。昭和43年頃ですと電気の使用量が1000万キロワットだったとのこと・・・驚きです。今では、少ない時で4000万キロワット、多い時だと6000万キロワットということですので、この40年ほどで、電気の使用量が4倍~6倍に変わったことになるのです。これって、本当に、豊かになったのかなぁ~と考えてしまいます。うちわ、扇風機、打ち水、ゆかた、かき氷などなど昔の生活の中には、「涼」を感じさせてくれたり、生活の中に「涼」があったように思います。自分の中で一番の疑問がエアコンの室外機です。エアコンを掛ける事で部屋の中は、涼しくなりますが、その反対に室外機から出た熱風は、外の空気を間違いなくあげております。外が暑くなると、益々、エアコンが必要。そして、室外機からは・・・。とても、悪循環です。そのブログによると電気というものは原油からとれるのは、3割ぐらいで、それが、家庭に届くまでには、ロスが入って10%ぐらいになるということです。そして、エアコン。以前までは、耳触りの良かったオール電化という言葉も、今では、大丈夫か・・・と考えてしまいます。少しの不自由に対しての我慢の大切さを今更ながら考えてしまいます。当たり前に思っていたことの中に見直せること、沢山あるんだなぁ~と今更ながら思います。

でも、道場には、エアコン無いんですよね・・・。このこと自体が立派な節電となっていたりします。エアコンが無くても、暮らせるんじゃないのかなぁ~と考えたりもします。暑いですが・・・(苦笑)。でも、エアコンの無かった頃は、熱中症になる人も少なかったとのこと。その理由は、汗腺が発達していたからということらしいです。何だかな~ですね。


プロフィール

中村清志

Author:中村清志
空手暦27年 
正伝流空手道 中村道場 
師範 
http://www.seidenryu.com/
FACEBOOK 中村清志
https://www.facebook.com/nakamura.kiyoshi.587

カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。