--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 10. 28  
美味しい魚と釣竿、どちらを選びますか?

美味しい魚は、食べたら終わり。

釣竿は、色々と習得したり、手間暇かけて、海へ行ったり、川へ行ったりと大変なことが起こります。

稽古が終わった直後ならば・・・美味しい魚を食べて、「今日は、おしまい!」というのも、良いですね。

しかし、子供たちの教育と言うものを考えた時には、間違いなく、釣竿を選びます。

釣竿を渡され、仕掛けを作り、そして、漁場へ。

最初は、釣れないし、大変だしで、良いことなどないかもしれませんが、学ぶことは、多いのです。

そして、やがて、大物を釣り上げることができる技量まで、自分自身を高めて行けるかもしれません。

そういうことが、自得すると言うことだと自分は、思います。

子供たちに、何でも、与え過ぎてしまう現代です。

これは、子供たちにとって、魚か? 釣竿か?

魚ばかりにならない様にしたいものですね。





スポンサーサイト
2010. 10. 27  
今日は、お客さんの多い日でした!

朝 午前部

北海道に住んでいるSS3級が稽古に来ました。

昨日、10時の稽古に行きますとのメールをいただいていたので、
自分は、勘違いをして、昨夜の10時開始の夜間部と思い待っていたのですが、一向に現れず・・・。
良く見ると、朝の10時でした・・・(苦笑)。
結婚されて職場と住居が北海道となりましたSS3級。
ひと回りも、ふたまわりも、逞しくなっての稽古参加でした。
楽しい稽古の時間は、あっと言う間に過ぎて、
稽古後、あまり話す時間もなく、彼女は、北海道へと帰っていったのでした(凄)。

今度は、ゆっくりとおいで下さいね。


夕方、幼年部初心者クラス。

こんな日も、有るんだなぁ~と思ってしまうほどの見学と体験の子供たち。
いつもは、電話での予約をしてくる人が多いので、不意の来訪者の多さにあたふたとしてしまいました・・・(苦笑)。
幼年部ではなく、幼年部初心者クラスでしたので、一度にこんな人数を対応することは・・・と考えていた時。

キセキが起こりました。

なるちゃん初段の登場です(嬉)。(稽古時間を間違えて来たとのこと・・・。)

すかさず、「なるちゃん、手伝って!!!」

無事、体験の子供たちも、稽古を楽しんで帰って行かれました。
良かったです。
なるちゃん、ありがとう!
また、見学と体験に来られた方々、お疲れ様でした!


そして、夜。
イギリスからのO家族が来られました。
O家族は、S先生の親戚にあたります。
お母さんと子供たち4人。
このご家族、イギリスでは、極真空手を習っております。
前回、来たのは、1年半前。
みんな、大きくなっておりました。

時間の都合で、夕方のミットクラスに参加。
それならばと強引に、突然、一般部に変更となり、
気がつけば、稽古終了時間は、ゆうに超えて、8時30分。
あとのクラスの方も、参加して、沢山の人数でのスパーリングとなりました。
沢山の黒帯を相手に、4人の子供たちとお母さんは、スパーリング、ミットとがんばって完遂。
お疲れ様でした!

次回は、また、来年とのこと。
楽しみにしておりますね。

イギリスの極真空手の道場の先生は、とても、厳しいとのこと。
道場の師範は、日本人の方で、道場の中では、全て日本語とのことには、驚きました。

さらに、皆、基本が、上手なので、驚きました。
6才の女の子 Cちゃんも、完璧でした。
これは、本当に凄いと思いました。
正伝流の6才の子供にここまでできるのだろうか・・・と考えさせられました。
厳しさも、必要なのだと改めで思うのでした。

極真空手の大山総裁が世界中に広められた空手です。
国が違い、言葉が違っておりましても、空手の基本は、同じなのです。
空手は、凄いと改めて思ってしまいました。

今日は、朝から、にぎやかな日でした。

そして、とても、楽しい日でした。

そんな日に、感謝です。






2010. 10. 24  
この秋は、本当に、行事が沢山です。

カラテスクールジュニア大会を始めとして、沢山の試合と大会、演武会、昇級審査と昇段審査会、そして、ダメ押しのK-1スタッフ。

どれも、これも、やり遂げて行きたい事ばかり。

そうなると自分が道場を抜けていくことやスタッフ、手伝いとして道場生の方々にも、沢山、協力頂いております。

そんな時、自分の代わりに指導に入って下さる道場の指導員の方々、
イベントのスタッフ、手伝いに入って下さる方々には、本当に感謝しております。

また、そういう状況を受け入れて下さっている道場生の方々にも、深く感謝しております。

本日、見学に来られた方は、先週の土曜日にも、見学に来られておりました。そして、今週も、来て下さいました。

先週の稽古の様子が、とても、良かったので~とおっしゃって下さいました(嬉)。

自分が居ない時も、本当に、みなさん、がんばってくれているのです。

そんなことを見学の人から伺い、今更ながら、ありがたいなぁ~と思ってしまいました。

自分の道場にいつもいて、道場生のみんなとワイワイガヤガヤとやっているばかりだと良いのですが、
それだけでは、道場としての責任を果たしていないと思うのです。

正伝流空手道中村道場という道場のできること。

そして、道場としての責任と役割。

色々とあるのです。

ひとつ、ひとつを大切にして、頑張って行きたいですね。

感謝の気持ちと共に。




2010. 10. 23  
「カーリングペアレント」と言う言葉。

ウルリカ氏の記事の中に出てきた言葉です。
どう言う意味かと言いますとカーリングは、氷上をストーンを滑らせて、ポイントを取り合うゲームですが、
そのストーンの前をブラシで激しくクリーニングしている光景は、オリンピックなどの競技を見たことがある方ならば、容易にわかりますね。
すなわち、子供たちに対して、これから障害になるだろうということを全てその前に排除してしまうということになります。

そういうことを率先して行う親のことをカーリングペアレントと言うのです。
これは、過保護というジャンルの中に入るものですが、思わず「なるほど・・・」と手を打ってしまう言葉ですね。

若いうちは、苦労は買ってでもしろと言う言葉とは、対極の行動とも言えることです。

自分も、やはり、若いうちの苦労は、本当の意味で、その人の財産になると思いますので、
良い苦労というものに出会ったならば、そこを乗り越えることができるように頑張ってほしいと思います。

年をとってからの苦労は、できれば避けたいものですが・・・。

その苦労の中で、自分というものを知り、周りの人に支えられているということがわかるようになることが、
とても、大切だと思うのです。

カーリングペアレントが、子供たちをダメにするという提唱は、胸にぐっと来るものがあったりします。

しかし、ついつい、カーリングしてしまっているなぁ~と思うことも多々あったりします。

イカン、イカン・・・と思っていたりもしますね。

みなさんは、どうですか?





2010. 10. 20  
先日のウルリカ氏の記事、とても、良かったと思っております。

そこで、ある方から伺いましたところ、雑誌の反響の調べ方は、色々とあるとのことなのですが、
今回の女性自身の場合は、P162ページのところにあるプレゼント応募券のアンケートのところにある
よいと思った記事の番号を3つ選んで下さいというものによって決まるらしい。

反響により第2弾の企画記事となったり、書籍化ということにもなる言うことです。

・・・ということで、早速、自分は、送ってしまいました!

記事を読んで、良いなぁ~と思った方は、是非、送ってみて下さいね。





2010. 10. 19  
女性自身という雑誌を購入しました!
勿論、初めてのことでしたので、道場そばの馴染みのコンビニ店長さんも、ちょっと不思議そうな顔をされておりました・・・(苦笑)。

以前、空手をやっている子供たちのことをピックアップして本にしていきたいということで新極真会の柚井ウルリカ先生が道場へ取材に来られたことがあります。スウェーデン人の彼女からは、空手への想い、子育てに対する真剣さ、今の日本で感じる危機感などなど、取材と言いながらも、沢山の話を伺い、学ばせて頂いたことを覚えております。

そのウルリカ先生の記事が「女性自身 11月2日号」に掲載されましたので、購入してまいりました。。。

シリーズ人間『急増する「カーリング・ペアレント」が日本の子供をダメにする!』
スウェーデン出身の空手家 柚井ウルリカさんが語る日本への危機感 というタイトルです。

2010101902

記事の内容は、ウルリカ先生の空手を始めたきっかけから始まり、修行時代、子育ての話、そして、空手道場でがんばっている様々な子供たちのことです。

正伝流空手道中村道場での取材のことも名前は、記載されておりませんが、
正伝流空手道中村道場でのことだとわかる文章が、6行程記載されておりました(嬉)。

興味のある方は、是非、読んでみてくださいね!

お薦めです!



2010. 10. 17  
10月16日(土)神奈川新人交流大会が開催されました。
主催は、飛馬道場。会場は、横須賀総合体育館でした。
今大会は、正伝流空手道中村道場からは、初参加の大会でした。
会場へは、IS1級と共に、カラテスクールのS師範の車で連れて行って頂きました。
電車では、とても、遠いところでしたので、選手のことを考えても、とても、ありがたく、感謝の気持ちで一杯になります。
会場では、いつものJKJOの師範、先生方も、来れておりましたが、それ以外の先生も多く、ドキドキしてしまいました(苦笑)。

正伝流空手道中村道場からは、IS1級が女子Aクラスに出場しました。
しかし、出場は、IS1級を含めて2人。
いきなりの決勝戦となりました。

しかし・・・。
試合は、試合数80試合のうちの80試合目。
試合開始までは、とても、長~い待ち時間があったのでした。
じゃ~、稽古するかとスパーリングやら技の稽古をずーっとやったりしておりました。

そして、いよいよ試合。
結果は、IS1級 嬉しい正伝流初勝利&初優勝となりました。
IS1級においては、本当に、長~いトンネルでしたね。

おめでとうございます!!!

2010101601

また、同じくS師範の車で会場入りしたカラテスクールのY10級も、一般初級クラスで見事に優勝。
とても、嬉しい遠征試合となりました。

Y10級におかれましては、JKJO全日本ジュニア大会の出場も決っておりますので、
大会での活躍をとても、楽しみしております。頑張って下さいね。

PS:今日は、IS1級の動きが、とても良かった!
夏のドリームカップから色々と積み重ねてきた成果ですね。
稽古は、嘘をつかないのだなぁ~と改めて思うのでした(嬉)。

自分も、がんばらねば!




2010. 10. 14  
少し肌寒い日が続いて来ると秋だなぁ~と思いますね。
あの夏の暑さが、日々、和らいでくるのは、とても、嬉しいことです。
稽古の中でも、夏には、あんなにきつかったことが・・・段々と楽にできるようになってきます。

先日、幼年部のK君が、言いました。「自動販売機、ココアが増えたね、師範。いいなぁ~。」

2010101401

「い・い・いつの間に・・・。」と自分。

日々の稽古の他に、大阪、新潟・・・と続いておりました。
そんな言い訳を頭の中で繰り返しながら、「おい、おい・・・。」と考えてしまいました。
忙しい、忙しいで、心を亡くしてしまわないように・・・と言うことを言われたような気がした出来事でした。

たまには、のんびりとココアでも飲んでみましょう。

なぜか、アイスですが・・・。

ココアは、ホットですよね。





2010. 10. 13  
10月10日(日) J-1朱鷺カップと神奈川県大会の2つの大会が同日開催されました。

J-1朱鷺カップは、本年度の全日本ジュニア大会の最後の出場資格を獲得できる選抜クラスと上級クラスに分けての70階級による開催でした。正伝流空手道中村道場は、協力道場であるカラテスクールと相模原鈴木道場の選手団に合流させて頂いて出場となりました。出場選手は、TA1級とYO2級の2人。結果は、高校男子上級70kg未満クラスで、TA1級が、3位に入賞しました。YO2級も、3位となりましたが、出場者数の関係で、入賞とはなりませんでした。そんな2人は、こんな具合でした・・・(苦笑)。

2010101301

1年を通して、春の合同合宿、夏の合宿、秋の朱鷺カップ遠征と3つの合宿は、それぞれ違ったものですが、
このような機会があること、本当に恵まれていると思います。

また、今回の朱鷺カップは、とても、良かったです。
JKJOの判定の中で、反則については、色々と議論されたり、試行錯誤されているところがあるのですが、
その中で、模範となる試合を沢山、拝見することができました。それと同時に、試合進行の中で、主審が、
しっかりとしていることの大切さを改めて感じることができた大会でした。とても、良かったです。

自分が朱鷺カップに伺っている時、横浜文化体育館では、正伝流から出場した5人がとても、頑張っていました。
結果、中学1年生のMT2級が、一般女子軽量級の部で優勝しました!

2010101302

昨日、同大会のDVDを道場生の方から頂き、熟観しておりましたが、
良い大会だったことが、画面から、とても、伝わってきたのでした。

2010101303

今年は、正伝流空手道中村道場では、小学生から中学生、中学生から高校生になった者が多数います。
その中で、試合に出場することは、とても、キツイことです。今までは、学年で区切られていたものが、
3年間の区切りで、体重別となるのですから、学年が低い者にとっては、とてもキツイことですね。
そんな中で、今回は、優勝したMT2級の他にも、RA3級、TS4級の3名が出場し、頑張れたことが、素晴らしかったと思います。

また、稽古を積んで、試合でも、がんばりましょう!


2010. 10. 08  
新潟大会からの帰り道に寄ろうとしていたラーメン屋「熊王」に行ってきました!

国領駅の近くにあるラーメン屋さんです。
昭和を風情を残した店の作りで、夜の12時近くだと言うのに、店内のカウンターは、満杯の状態。
人気のお店です。

参加者は、自分とN弐段、S初段、H3級の4人。
そこで、H3級のお薦めのチャーシュー麺を食べてきました。

丼全体をふたをするような形でチャーシューが載っておりました。
チャーシューがあるので、丼の中の麺の状態やらスープの状態は、わからないぐらい、大きなチャーシューがのっかっていました。
食べてみると、とても、美味しいチャーシューでした。

1枚目 凄く美味しかったです。

2枚目 満足という感じです。

3枚目 ちょっと待て・・・という量になっていました。
    そして、3枚目をめくってみたら、4枚目がありました・・・(唖然)。

4枚目 食い稽古の様相となりました・・・(苦笑)



15人程が座れる店内のカウンターのお客さんたちで、
良く見るとチャーシュー麺を注文していたのは、自分たちだけ・・・と言うのは、納得でした。

普通は、ラーメンにチャーシューを1枚、2枚と自分にあった量をトッピングして注文する様です。

チャーシュー好きの方は、是非、1度、チャレンジしてみては、如何でしょうか?

お薦めです!


PS:その後、一緒に行ったS初段と自分は、折角、来たのだからと言うことで、味噌ラーメンにも挑戦してみました。1回戦で、ボディが効かされていたのですが、とても、美味しく頂くことができました。しょうゆ、味噌、塩の完全制覇には、まだまだ、およびませんでした・・・。残るは、塩ラーメン。今度は、上手に注文したいと思います。押忍



プロフィール

中村清志

Author:中村清志
空手暦27年 
正伝流空手道 中村道場 
師範 
http://www.seidenryu.com/
FACEBOOK 中村清志
https://www.facebook.com/nakamura.kiyoshi.587

カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。