--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 04. 27  
4月17日(土)と18日(日) 愛川ふれあいの村で、協力道場との春季合同合宿に参加させて頂きました。
フルコンタクトカラテスクール、相模原鈴木道場、青育塾、秋山道場、誠心会、光誠会、正伝流空手道中村道場による合同合宿でした。

合宿での一番、気になることは、何と言っても天気です。

そして、当日。
朝起きて、外を見ると、何と・・・雪でした(驚)。
4月なのに・・・あり得ないことです。

その中、歩いて集合場所の大和スポーツセンターへ。
雪から雨に変わり、その中、靴は、びしょ濡れ。
最悪の天気でした。

そして、大和スポーツセンターの中で待っていると・・・突然、晴れてしまいました。
フルコンの合宿は、晴れるという伝説は、こうして、更新されたのでした。

本当にバスと共に、天気になったような感じでしたので、S師範の晴れ男ぶりは、凄いの一言です。
恐れいりました・・・。

そして、バスは、一路、愛川ふれあいの村へ。

2010041701


合宿地では、昼食後、入村式が行われ、その後、稽古。
春季合同合宿は、稽古合宿でもあります。
ですので、正伝流空手道中村道場からの参加者も、そのつもりで参加してきました。
最初の稽古は、秋山道場 秋山師範による基本稽古。
いつも、自分たちがやっているものと少し違うところから学ぶことがあり、とても、勉強になりました。

稽古後の夕食。
愛川ふれあいの村は、バイキングとなります。
ですので、小さな参加者の子供でも、自分で、自分のことは、しっかりとやっているので、
そのことが、素晴らしいなぁ~と思いました。

夕食後~消灯までは、楽しい時間です。
宿舎の子供たちは、大騒ぎ。
枕の飛び交う中、ミーティング(宴)をしておりました。
正伝流空手道中村道場からは、自分を含めて6人の参加でしたので、
5人の参加者は、この雰囲気に馴染めるのだろうか・・・と思っておりましたが、全く、その心配は、無用なものでした。
本当に、楽しい夜を各人、過ごしていたようです(嬉)。

翌日は、朝食後。
宿舎の清掃。
ドタバタ、ドタバタと後片付け。

その後、稽古。
稽古は、ミットとスパーリング。
色々な道場の人と交流を持てたり、拳を交えることができるのが、
春季合宿の本当に面白いところであり、学ぶことの多いところです。

スパーリングが終わりますと、
昇級組手、昇段組手が行われました。

特に、昇段組手は、1人目、フルコンタクトカラテスクールのS師範が対戦相手。
10人組手が、最初から、非常に勢いのあるものとなり、そうそうたる対戦相手に、かなりキツイ連続組手を完遂し、
S1級が見事に昇段されました。おめでとうござます!
その中に、正伝流空手道中村道場からも、KT1級も参加。
KT1級も、早く昇段できるように頑張って下さいと・・・願っております。

2010041702

稽古の後は、お待ちかねのバーべキュー。
6人ずつグループとなり、肉を焼きますが・・・。
今年も、やってしまいました・・・。
火が・・・炭に、中々、つかない・・・。
隣、近所では、ジュウジュウ・・・と肉の焼ける音がするなか、悪戦苦闘してしまいました(苦笑)。

春季合同合宿は、こうして、あっと言う間に終わりの時間。
7つの道場による合同合宿は、とても、楽しく、学ぶことの多い合宿となりました。

今回の合宿は、フルコンタクトカラテスクールのS師範、相模原鈴木道場のS師範に全てを整えていただいての合宿でしたので、本当に、感謝しております。
合宿で学んだことを自分を含めてた6人が、道場に持ち帰り、皆に伝えて行ければ良いなぁ~と思うばかりです。





スポンサーサイト
2010. 04. 16  
何度か、書いたことがありますが、忙しいと言う言葉は、嫌いですね。

「忙」と言う言葉は、「こころを亡くす」という字ですので。

心を亡くして、どうなるのかということを考えてしましますが、
やることの多い時の自分の状態を考えると、的を得ているなぁ~とも思ってしまいます。

また、こういう時は、人間とは、不思議なもので、そう言う時には、
身体も、心も、疲れを感じなくなってきます。
そして、最後には、怪我をしたり、病気になったり、
頑張りすぎてしまえると言うことも、考えものです。

道場に来る途中。
色々な風景やら木々や花をみることができます。

そういう良いものを見た時、素直に良いなぁ~と思える時は、まだ、まだ、大丈夫。

また、その逆の場合。
その時は、心が疲れている状態となります。

心に目安を持っていることができると良いですね。

また、疲れているなぁ~と感じた時は、思い切ってのんびりしてみましょうね。




2010. 04. 15  
4月15日をもちまして、正伝流空手道中村道場を設立させて頂きましてから3年となります。

あっと言う間の3年間でした。
また、とても、中身の濃い3年間だったと思います。
そして、多くの方々に支えられてきた3年間でした。
本当に、ありがとうございました!

正伝流空手道中村道場のルーツとなります極真会館の創始者 大山倍達総裁の座右の銘のひとつに
「千日をもって初心とし、万日をもって極みとするべし。」という言葉があります。
千日というのは、大体、3年ぐらいです。3年と言う月日は、決して短いものではありませんが、
この言葉が示す通り、この3周年の境を持って初心として、気持ち新たに、これからも頑張っ行きたいと思いますので、ご指導、ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。

空手道の修行を通して、武道という道を歩むこと。
その中で、自分自身をどこまで高めて行けるのかと言うことを考えます。
ならば、自分の中で一番高いところを目指して行きたいものです。
自分自身の中で、日本一を目指せるものがあると良いですね。
気合いは、日本一、掃除をさせたら日本一など・・・。
沢山の日本一があります。

気迫を持って、挑み続けて行きたいものです! 押忍。
       

2010. 04. 14  
「散る桜 残る桜も  散る桜。」という言葉が、近所のお寺にありました。

4月、今年は、寒い日が続き、そして、雨が少なかったので、
桜の花を長く、楽しむことができました(嬉)。

その桜も、先週末の雨には勝てず、散っていますね。
桜吹雪は、良いなぁ~と思いますが、やはり、少し物寂しいですね。

そんな中でのこの言葉。

深いなぁ~と思うのは、自分だけでしょうか?

2010041401

その散った桜の木には、やさしい黄緑色をした若葉があります。

自分は、この若葉の黄緑色が、とても、好きです。

桜は、花だけで終わるのではないのです。

人も、また、然りですね。



2010. 04. 10  
正伝流会報 4月号 vol.27が出来上がりました!

道場のカウンターの上においてありますので、お持ち帰り下さい。

今月号には、フルコンタクトカラテスクール春季ジュニア大会の詳細及び春季合同合宿の詳細を記載しております。
参加される方は、チェックしておいて下さい。

また、会報、郵送希望の方は、中村まで、ご連絡下さい。







2010. 04. 08  
先日の全関東大会の会場。
会場内は、熱気で暑くなっていましたね。
その時、背中がモッコリと鍛え上げられている半袖Tシャツ姿の人の後ろ姿が目の前に。
ふと、その人が振り向くと、一昨年、昨年とドリームカップで対戦させていただいた塚本道場のM氏でした(嬉)。
あーっと、旧友に会った様な気分に話は、盛り上がりました。

2010040801

今年も、熱い夏がやってきますね!

気合いを入れて、がんばりましょう!

自分も、がんばります! 押 忍!

PS:出場希望者の方は、道場に申込用紙が届いておりますので、中村まで!




2010. 04. 08  
4月4日(日)全関東空手道選手権大会が開催されました。
主催は、新極真会 東神奈川支部横浜木元道場。

2010040401

600名近い出場者の中、正伝流空手道中村道場からは、8人の選手が出場しました。
結果は、一般無差別に出場したHF初段が、3位。
入賞は、準優勝までとなっておりましたので、3位入賞とはなりませんでしたが、
とても、収穫の多かった大会となりました。

2010040402

中でも、準決勝戦で、KS師範と試合をさせて頂けたことは、とても、学ぶことが多かったようです。
試合は、残念ながら負けてしまいましたが、しっかりと戦い切った試合でした。
その中で、組手の上手さ、駆け引き、流れなど、やはり組手は、奥が深いのでした・・・。

中には、新極真会の大会になると、何だか、いつも以上に緊張してしまう選手もいるようです。
大きな舞台であれば、あるほど、緊張してしまうのは、仕方がないことですね。
また、新極真会の試合に対して、特別に思い込みのある選手も多いようです。
しかし、緊張して動くことができないのでは、折角の試合が台無しです。
いつも、以上に緊張してしまう程、頑張ろうという気持ちが強いのならば、尚更、勿体無いと思ってしまいます。
緊張感を良い集中力に変えることができるようにして行けると良いですね。

選手、1人、1人がそれぞれに課題を持って取り組んでいます。
それが、改善できていれば、良いのですが・・・。
同じところで、行き詰ってしまうことも、多々あります。
稽古を積んで、試合に出場して、乗り越えようとするのですが、中々、難しいことは、良くあります。

100m走を12秒で走る人が、11秒90で走ろうとしたら、とてつもないチャレンジとなります。
空手の課題も、それと同様なのです。
できる人には、簡単なことでも、当人にとっては、大いなる壁です。
壁を一度でも、越えることができていれば、その後は、随分と楽になるものですが、その1度目までが、大変です。

今大会の出場選手を見ていて、本当に、もうちょっとなのに・・・と思う試合が沢山ありました。

稽古は、不可能を可能にしてくれます。

そのもうちょっとを、是非、乗り越えて行きたいものですね。





2010. 04. 03  
昨日、今日と気がつけば桜が満開となっていました!
道場の横の公園では、何組かの花見の団体が昼から盛り上がっていました!
いいなぁ~と横目に見ながら道場へと来る自分です。

20100403

満開の桜は、きれいですね。
日本人だから・・・そう思うのでしょうかね?

この季節。
雨も多い季節です。
折角の桜の花も、散るのは、早いですね。

しかし、その後には、新緑を蓄えてくれます。

そして、秋は、紅葉。

1年を通して、姿と形を変えている桜です。

折角だから、大いに楽しみたいですね。




2010. 04. 02  
人には、得手、不得手がありますね。

走ることが得意な人もも居ますし、
勉強が得意な人も居ます。
その逆に、それらが不得手の人も居ます。

空手の道場に入門されてくる人も色々な人がいます。
運動が得意な人、そうでない人。

運動が得意で、運動神経抜群の人は、色々な技を覚えることも早いですし上達も早いですね。
これは、一般部も、少年部も同様です。

しかし、運動が得意でない人。
不得手という人は、どうかと言いますと
最初は、ボチボチという具合ですし、ひとつの技を覚えるまでに時間のかかることも多々あります。
しかし、時間をかけた分でしょうか、そのひとつの技がしっかりと自分の物となって行くのです。

ウサギとカメではないですが、最終的には、どちらが強くなるのかということを聞かれましたら、
どちらでしょうと考えてしまいます。

自分は、運動が不得手だから空手を始めたと言う人。

大人になれば、なるほど、不得手な物を自分から遠ざけて行きたいと思うことは自然な行為ですね。

だからこそ、尚更、そういう人達を応援したくなるのは、自分だけでしょうか?

物事を覚えることに時間がかかるカメならば、最強のカメとなって欲しいと思ってしまいます。

人は、人。

自分は、自分。

ネコは、ネコ。

慌てることなく、少しずつ強くなって行きましょうね・・・理科ネコさん。







2010. 04. 01  
第6回けん玉教室を下記の通り開催致します。
参加を希望される方は、申込用紙にてお申し込み下さい。


2010040101

また、道場生以外の方の参加もできます。
道場へメール、もしくは、お電話頂ければと思います。
宜しくお願い致します。

日程 4月24日(土)

時間 1時~3時頃

講師 日本けん玉協会 諸石 泰先生
   4月16日(金)11時5分~ NHKのテレビに諸石先生が出演されるとのことです。
   是非、ご覧くださいね。また、都合により放映日が変わることがあります。
   その場合は、その都度、ご連絡させて頂きます。宜しくお願い致します。

連絡先 正伝流空手道中村道場 
電 話 042-313-7071 
メール nakamura@seidenryu.com


PS:本日の午前部。久しぶりに稽古に来たK氏。
大学卒業、おめでとうございます。その彼と稽古の後。
けん玉、燃えました・・・(苦笑)。やはり、練習不足・・・。
けん玉教室まで、残り3週間。精進せねば・・・。
沢山の方の参加をお待ちしております!



プロフィール

中村清志

Author:中村清志
空手暦27年 
正伝流空手道 中村道場 
師範 
http://www.seidenryu.com/
FACEBOOK 中村清志
https://www.facebook.com/nakamura.kiyoshi.587

カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。