--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009. 06. 30  
昨夜の夜間部。

開始時間を少し過ぎた頃。
一人の社会人の方が稽古に来られました。

久しぶりの稽古。
実は、先月、ランニングをされているときに脚の筋を痛められていたのです。

マンツーマンの稽古となった夜間部の稽古。
痛めた脚の様子を見ながら、少しずつ動いてみます。
平安Ⅰの型を丁寧に、丁寧に繰り返して行う同氏の姿は、非常に良いものだと思うのでした。

フルコンタクト空手は、今、試合に挑む方が、とても多いですし、
その方の空手に対する取り組みは、本当に頭が下がるものがあります。

しかし、空手道場には、そういう人ばかりではないのです。
コツコツとコツコツと稽古を繰り返す。
その中で、空手の質がグッと濃くなって行く人がいます。

コツコツと繰り返していくこと。
あきらめることなく、前へと・・・。

そんなことを感じさせてくれた夜間部の稽古でした。


スポンサーサイト
2009. 06. 29  
6月27日(土) 第2回目となりますオセロ大会を開催しました。
出場者は、ジュニア8人、キッズ4人、ルール習得中3人の合計15人の参加となりました。
ジュニアは、トーナメント、キッズは、リーグ戦、ルール習得中の3人は、実践練習をそれぞれに
頭をフルに使っての楽しい時間となりました。

osero

オセロ大会の結果は、下記の通りです。

kumiawase

ジュニアトーナメントでは、小学1年生のりょうたろう君が優勝!
キッズでは、女の子のゆいちゃんが優勝しました!

オセロルール習得中の3人は、信じられないような禁じ手、裏技を連発。
「角を取れば有利だよ。」というと角にそのままオセロを置きます。
知らない間に全く違うところを裏返していたりします。
さっきまで、ここにいたと思ったら、あっちに行っていたりと・・・。
審判は、一瞬たりとも、気の抜けないオセロとなりました。
対戦が終わるころには、審判兼指導していた自分の頭の中は、疲労のためグワングワンと回っていたのでした・・・(苦笑)。
次回は、トーナメントに参加できるように修行をしてくるとのことでしたので、楽しみです。
また、ルールを覚えてくれ~と願っております。

最近の子供たちの遊び。
色々とあります。
逆に色々とありすぎて、手っとり早くゲームになってしまうのかなぁ~と思ったりします。
自分がお薦めなのは、オセロ、将棋、トランプなどの頭を使うものやジェンガなどのバランスゲームです。
すごろくなども、自分たちで作ると別の意味で面白いのです。
空手修行編では、ここで止まるとジャンピングスクワット100回とかもあったりします・・・(苦・・・)。
カードゲームも、かなり良いような感じがしておりますが、何せ、ルールが良く分かっていない自分ですので苦戦中です。

オセロ大会は、1回目で終わりかなぁ~と思っておりましたが・・・。
2回目をやってみますと結構な人が集まりましたので驚きました。
本当は、将棋をやる子供たちが増えるといいなぁ~と思っているのですが、
将棋の習得は、中々、難しいみたいですね。

空手道場で、オセロ。
隔月で、頑張りたいと思います。

是非、ご参加下さいね。

PS:トーナメントを見た少年部のパパ。「M君が負けるとは、りょうたろうくんって、誰?」とトーナメント表を見て勘違いさせてしまいました・・・。「オセロ大会です・・・。」と自分。少年部のトーナメントも、いろいろな子供たちが頑張れるようになると良いですね。空手も、頑張って下さい!


2009. 06. 29  
梅雨ですね。
今週は、今日を除いて雨が降るそうですね。
早く、このジメジメとした梅雨が終ってくれないかなぁ~と思いながらも、
蒸し風呂のような夏の道場を想像すると少したじろいでしまう自分です。
何はともあれ、それぞれの季節を楽しみながら、稽古に励みたいものですね。

第19回親子空手教室を下記の通り開催させていただきます。
ご都合の良い方、是非、ご参加下さい。
また、道場生以外の方で、参加を希望される方は、
メール、もしくは、道場にお電話にて、予約頂ければと思います。
よろしくお願い致します。

日 程  7月5日(日)
時 間  午前10時30分~12時
会 場  道場
参加費  無料


2009. 06. 27  
最近は、暑い日がありますね。
東京でも、最高気温32度。

先日の稽古の時。
少年部の1人が、頭が痛い・・・と言ってきたのです。
もう少し様子をみて、ダメなようだったら抜けて休むように言ったことがありました。
結局、彼は、スパーリングを最後までやり通して、家に帰って行きました。

その翌日のテレビ。
熱中症の特集。
熱中症の症状について・・・。
「頭が痛くなります・・・。」

まだ、梅雨だから・・・と思っておりましたが
こういう季節も、熱中症は、怖いとのことです。

皆さんも、くれぐれも、お気をつけてくださいね。

そこで、早速。
道場に、扇風機が登場しました。
子供達は、大喜びでした・・・(苦笑)。

扇風機で、こんなに喜んで頂けるなんて・・・恐縮です。

金曜日の夜の選手稽古。

扇風機、大活躍でした。

いや~、暑い日でした。

もうすぐ、夏ですね。

がんばりましょう!



2009. 06. 24  
雨の日。

今朝、起きると凄い雨。

バケツをひっくり返したようなとは、こんな感じなのかと思ってしまうほど・・・(驚)。

そんな中。
長靴を履いて、小学校に向かった娘。

凄いと・・・思ってしまいました(苦笑)。

自分も、当然、そうでした。
小学校の時も、学生の時もです。
また、毎日の道場についても、しかり・・・。

しかし、自分がする時は、「エイ!」とばかりに気合いが入っておりますが、
人がする時は、やはり、凄いと思ってしまいます。

先進国で、小学生の子供の送り迎えのない国は、日本だけということを新聞で読みました。
娘が幼稚園から小学校に上がる時。
今までは、送り迎えのあった幼稚園。
小学校は、子供たちだけで大丈夫か・・・と思ったものです。
現在でも、その考えは、変わりませんが・・・。

毎日の登校。
子供たちだけで、学校に行くことで、色々な意味で、鍛えられていることは、確かなようです。

日本人の勤勉さ。
こういうところから育まれているのでしょうね。



2009. 06. 22  
第4回全関東空手道選手権大会が開催されました。

会場は、栃木総合体育館。主催は、極真会館 坂本道場でした。
正伝流空手道中村道場からは、2人の選手が出場。

marin
MT2級 男女混合の6年生の部に出場
2回戦は、強豪 武心塾空手 TS選手。
セコンドに緊張が走る・・・。
本人は、「誰・・・?それ・・・?」
セコンド「・・・・。」

kouki
KT1級 中学生軽量級の部に出場 TK選手と共に

ouen
遠く栃木まで応援団 お疲れ様でした!

両名ともに、同階級の実力者と対戦。
激しい試合は、共に最終延長へと。
結果は、惜敗。

KT1級は、準優勝。
MT2級は、2回戦。

KT
中学生軽量級の部 準優勝 
優勝したTK選手と共に写真撮影。

minna

今大会。
二人とも、本当に良い試合でした。
KT1級が試合の後、決勝戦は、何だか楽しく感じたんですとのコメント。
試合の結果は、惜敗となりましたが、実力を出し切れた良い試合だと思いました。
また、この試合で経験できたことで、二人は、もっと、強くなると思いました。

試合は、キッいですが、たくさんのことを学ばせてくれます。
また、人と人を結びつけてくれるのです。
そんなことを感じさせてくれた大会でした。

JKJO最終選抜試合、カラテスクールジュニア大会、ドリームカップと続きます。

みんなで、がんばりましょう!

自分もです・・・!押忍!



2009. 06. 20  
道場の忘れ物

靴下
帯止め
ヘアピン

この辺りまでは、かわいいものです。

サポーター
グローブ
道着

空手の大切な道具なのに・・・。

ズボン

最後には、パンツ・・・(苦笑)。

そして、靴(””#$$#%%&&・・・)。

どうやって帰って行ったのだろうかと考えてしまいます。

しっかりとされている方は、慌てて取りに来られたり、電話で連絡を下さったりします。

道着の場合には、汗にまみれておりますので、
そのままというわけには、まいりませんので、自分が洗たくをして、保管となります。
ですので、忘れ物が多い日は、我が家のベランダは、洗濯物が一杯。

そして、次の稽古の時。
「あっ・・・!忘れてた!」となり、ゲンコツとなってしまいます。

道場の忘れ物は、基本的には、しばらく保管しております。
基本的には、捨てないで2~3カ月道場に保管しております。

名前が書いてあれば良いのですが、忘れ物をする人は、大抵、名前を書いていないことが多いようです。
自分のものなのに、無くなっても平気なのかなぁ~と不思議に思ってしまいます。
また、子供の物が無くなっているということ。
親も気付くことが大切だと思うのです。

人のやること。
ミスは、必ず起こります。
それは、しかたがないことです。
ですが、そのあとが、大切ですね。

物を大切にするということは、物事の基本です。
その基本を学ぶ機会でもあるのですからしっかりとやって行きたいと思うのです。

また、必ず持ち主に戻したいので、名前は、必ずご記入下さいね。



2009. 06. 18  
道場の周りには、緑が一杯です。

ずーっと、以前の話になります。
道場で、稽古をしていた時。
夕方の少年部の稽古の時でした。
網戸にドンとぶつかるような音がしました。
網戸に大きな虫がとまっていました。
見てみると何とカブト虫のオスでした。
少年部は、大はしゃぎになったことは、言うまでもありません・・・。

大騒ぎな稽古になりました・・・(苦笑)。

最近のこと。
我が家でも、虫ケースが玄関においてありました。
何だ、何だと思っておりましたら、娘が小クワガタのオスとメスを捕まえてきたとのこと。

kuwagata

道場周辺。
色々なところに居そうな予感がしますね。
まだ、6月ですが、カブトムシシーズンに突入なのですね。

少年部、がんばってください!

PS:また、情報があるひとは、教えて下さいね。


2009. 06. 17  
僅差について考えます。

テニス、サッカーなど、世界のスポーツランキング。
上位の選手が下位の選手に負けることは、珍しいことです。
しかし、試合の内容が、ランキング程の差になっているかというとそうでもない僅差が多い。
しかし、上位の選手は、その僅差を必ず自分のものにします。

この理由を考えます。

運が良い。
身体能力が優れている。
気持が強い。
技術の差。

色々な理由があると思うのですが、
結果は、いつも、同じになります。

僅差を自分のものにできる選手。
勝負強い選手です。

試合に出場するからには、この勝負強さを常に考えていくことになります。

勝利の女神を自分のものにできるのか、否か。

試合場の上での頑張りだけでなく、
普段からのその物事に取り組む姿勢や考え方。

生き様の全てが、試されていくのだと思えてならない時があります。

勝つか、負けるか。

二つに一つです。
しかし、そこから学ぶことは、やはり深いのです。



2009. 06. 16  
6月14日(日) 第95回清武会トーナメントが開催されました。
会場は、横浜文化体育館。
極真会館 清武会をはじめとした48団体、流派があいまみえてのトーナメント。
幼年部~壮年部までの全18階級、497人の選手が出場しての大会となりました。
正伝流空手道中村道場からは、17人の選手が出場しました。
結果は、一般中級の部で、K4級が優勝されました。

kusano

昨年の同大会に出場して、1回戦敗退してから目標として頑張ってこられた大会ですので、
本当に良かったと思います。おめでとうございます。
また、ベストエイトに3人でした。

大会当日、自分は、夏季の合宿地での打ち合わせのため、
駆けつけることができなかったのが、とても残念でなりませんでした。
ですが、その試合のビデオを拝見させていただきました。

優勝されたK4級は、稽古の鬼ですので、「稽古は、嘘をつかない!」ということを皆に示してくれた試合内容でした。また、仕事も大変、お忙しい方なので、頭が下がるばかりです。

また、ビデオを拝見しておりますと僅差の試合が多いです。
この僅差、強い選手に、必ず上がります。
大きな差をつけて勝てることもあるでしょうが、
この僅差について、受け止めていくことが大切だと思える試合内容の試合が多いです。

階段を一つ、一つ、昇って行くように頑張っていけると良いですね。



プロフィール

中村清志

Author:中村清志
空手暦27年 
正伝流空手道 中村道場 
師範 
http://www.seidenryu.com/
FACEBOOK 中村清志
https://www.facebook.com/nakamura.kiyoshi.587

カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。