--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009. 04. 28  
4月26日(日) 大和スポーツセンターにおいて2009フルコンタクトカラテ春季ジュニア大会が開催されました。主催は、フルコンタクトカラテスクール、出場選手290人でした。正伝流空手道中村道場からは、23人が出場。日頃の稽古の成果を思う存分に試し出した試合となりました。

今大会は、主催者のフルコンタクトカラテスクールの意向が、細やかに心配りされた大会です。下記の2点が、今大会より改善されました。今大会からは、従来の3部制ではなく、4部制となり、2部の後に、食事休憩の時間がとられました。これは、スタッフには、とても、ありがたいことです。また、応援につきましても、呼び出し係の声が聞こえない事、本部からの声が聞こえない事や応援に差があり過ぎるケースがあることが、問題となっていることから試合の応援が出来ないということを実施。JKJOでも、審判講習会では、実施されているシステムです。全日本ジュニア大会などでも、その様になっていくことになるので、全国的にそうなる試合、大会は、増えていくと思います。

正伝流空手道中村道場から出場した23人の結果は、優勝1人、準優勝1人、3位入賞3人となりました。また、試合デビューが4人。各自、奮戦し、K君とS君が1回戦を見事に勝利できました(嬉)。また、初めてが、3位入賞し、トロフィーを貰えた少年部。これは、とても、嬉しいですね。


1bu
     【1部出場者のみなさん 気合十分!】
T10級が、嬉しい初トロフィー!

2bu
    【2部出場のみなさん+応援団 】
M9級は、嬉しいフルコンジュニア大会初優勝!そして、3位入賞2人と健闘の2部でした。
T10級は、嬉しい初トロフィー!

3bu
    【3部出場のみなさん 】
大健闘でしたが・・・。写真は、なぜか、私服・・・。

4bu
    【4部出場のみなさん+応援K6級】
O3級 準優勝!K4級は、敢闘賞!

今大会。
応援したり、写真を撮ったり、審判をしたり、そして、10人組手の相手を務めさせて頂いた自分でした。これは、大会に出場させて頂いている限り、道場として協力していくことが多くなることは、当然のことです。自分や正伝流空手道中村道場だけでなく、大会の主催をされている師範、スタッフ、審判、関係者すべての人に当てはまることです。その結果、よりよい大会になっていることがとても良いことだと思います。
当然、試合の時、試合を見ることができなかった試合も出てきます。
その選手に「どうだった・・・。」と聞くと色々な話を聞くことができます。
結果が出なかった人は、残念でしたが、その一言、一言に試合から学んだ事が込められていることがいい感じでした。

そして、試合の翌日。
試合の翌日だから、あまり稽古に来ないかなぁ~と思っておりましたが・・・。
当たり前のように、試合に出場していた選手が、ぞろぞろと稽古にきました。
中には、「7月は、いつ?」と詰め寄ってくる子もいました(苦笑)。
みんな、怪我もしていないとのことなので、試合形式で、動きをチェック。
凄く良くなっているのになぁ~と思っておりますと、「優勝した選手に負けた・・・。」と言う者が沢山いました。
良い試合をしたんだろうなぁ~と考えてしまいます。
1回戦でまけた・・・と聞いて、「そうか・・・。」と思っておりました。
結果じゃないよ・・・といつも、言っておきながら、結果をみている自分に気づいたりします(苦笑)。
そして、そのことに、凹む自分です(情・・・)。

今日、試合の写真を整理しながら、写真から伝わってくるものからも、良い試合だったことがわかります。
DVDを見るのが、今から楽しみです。

5月 全国ジュニア大会へとしっかりと繋げて行きたいと思います!


主催されたフルコンタクトカラテスクールの代表及びスタッフの皆様、本当に、ありがとうございました!
試合に出場された皆さん、応援に来られた父母さま、道場生のみなさん、お疲れ様でした。

また、がんばりましょう!


スポンサーサイト
2009. 04. 25  
昨年、好評となりました正伝流バーベキューのお知らせです。
今回で、3回目の開催となります。
詳細は、下記の通りです。
沢山の人で、楽しむことができればと思います。
参加できる方は、中村まで、ご連絡ください。
電話、メールでも、大丈夫です。

      -記ー

1.日 程  5月3日(日)
2.時 間  11時頃から開始して、夕方寒くなるまで、ワイワイとやっています。
        夕方から深夜までは、そのあたりの居酒屋さんに居ると思います。
        お時間の都合の良い時に、合流して楽しんで下さい。
        ( 準備、お手伝いなどをして下さる方は、10時集合です。)
3.会 場  稲田公園(クジラ公園) JR南武線 稲田堤駅から徒歩8分程
4.参加費  大人(お酒を飲む人)2,000円 
        大人(お酒を飲まない人)1,500円
        中・高校生 1,000円
        子供500円
5.幹 事  ふくちゃん 

                          以上



2009. 04. 22  
ブログのアップが、バタバタとして遅れている今日この頃。
先週の火曜日、正伝流空手道中村道場に、小さなお客様が来られました。
S先生の甥御さんとなる4人の子供たちとお母さん。
お母さんは、K先生の妹。
はるばるイギリスからの来日。
九州の御実家で過ごされてから、東京に来られました。
それではと言うことで、道場に稽古に来られました(嬉)。

お兄ちゃん二人とお母さんは、一般部の稽古に参加。
下の二人は、けん玉のレッスンと空手基礎レッスンを自分がつけさせて頂きました。

guest

彼らは、お母さんが日本人ということもあり、
日本語も、ペラペラ。
こちらは、日本語メインの少し英語。

お兄ちゃん達二人は、イギリスでも、空手を習っているとのこと。
普段は、子供のクラスということで、1時間の稽古。
それが、いきなり2時間の一般部。
気合の入った稽古となりました。

そして、彼らが手にしたものは、大きな自信だったようです。


その中で思ったことは、空手というものが、コミニュケーションツールとして、かなり有効だということです。
年齢も身体の大きさも関係なくみんなで稽古できます。
そして、言葉の壁も、あまり気にせず、みんなで稽古ができます。

空手の道場は、世界中にあります。
正伝流空手道中村道場で稽古をしている子供たち。
いつか、彼らのように世界中の色々な道場に行ける日が来るかもしれません。

是非、そうなって欲しいものですね。




2009. 04. 21  
いつも、けん玉教室でお世話になっています諸石先生より、第7回 けん玉ペインティングコンテストの申込のお知らせを頂きました。とても、面白そうな企画ですので、たくさんの道場生の方々が参加頂ければと思います。
道場団体でも、申込ができますし、個人でも、申込ができます。
第1次審査の参加費は、無料です。
道場の申込締切は、5月14日とさせて頂きます。
詳細は、道場にありますので、ご確認下さい。
幼年部、少年部、がんばりましょう!
自分も、がんばります・・・(苦笑)。

kendama-P




2009. 04. 21  
4月18日(土)、19日(日) フルコンタクトカラテスクールと相模原鈴木道場の春季合宿に参加させて頂きました。全体として、6つの道場が参加しての合宿は、90人近い参加者。正伝流空手道中村道場からは、自分を含めて5人が参加。とても、有意義な1泊2日の合宿でした。

gatsushuku

今回の合宿は、正伝流空手道中村道場からの参加者は、少なかったので、みんな寂しい思いをするのでは・・・と心配しておりました。もしかして、誰かが、ホームシックなどになるのでは・・・と考えておりました。しかし、無駄な心配でした。各4人、それぞれに打ちとけて、楽しい合宿になったこと、とても、良かったです。

合宿は、初日は、稽古、球技大会、そして、長~い夜。
就寝9時30分・・・のはずでは・・・(苦笑)。
夜通し語り合ったり、遊んでいたり、パズルをしたりと楽しい夜だったようです。
そして、2日目。 稽古とバーベキュー。
「眠いっす・・・。」と言っていたT1級をはじめとして、皆、長~いスパーリングを頑張りました。
バーべキューは、凄く美味しかったです。
ただ、自分の担当していたところは、火をおこすことに失敗しておりましたので、
食べ始めが遅くなったのでした・・・(苦笑)。申訳ない・・・。

1泊2日の合宿は、アッという間に終わりしました。
楽しく、とても有意義な合宿でした。

フルコンタクトカラテスクールを相模原鈴木道場の代表及び皆様には、本当にお世話になり、感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございました。
また、6つの道場の参加ということで、いつも、会えないような人とも稽古ができました。
色々な出会いのあった合宿でした。

「人は、人から学び、そして、成長する。」ということを実感できた合宿でした。

「その時の出会いが・・・。」という出会いがあった人も居たかもしれませんね。

沢山の出会いに感謝の合宿でした。




2009. 04. 16  
空手の道場では、良く先輩やら先生と食事に行くと御馳走していただけたりします(嬉)。
だからと言って、先日は、ご馳走していただいたので、今日は、自分が持ちますということは、あまり無い・・・。
「いつか、後輩に御馳走してやってくれればいいんだよ・・・。」と言われた言葉が今も、自分の中にあります。
ですから、この流れは、ずーっと続いて行くことになるのです(笑)。

親から受けた恩。
恩師から受けた恩。
沢山の人から受けた恩。

どのように受け止め、どのように返していけるのでしょうか?

その恩に報いる。
その恩に感謝する気持ち。
その恩があるからこそ、今の自分があるのだと思えること。
そういう気持ちがある人は、とても幸せな人だと思います。

親から受けた恩は、自分が親になって、初めて気が付きます。
恩師から受けた恩は、自分が人に指導するようになって気付きます。
沢山の人に支えられていることは、自分が謙虚になれば、なるほど、気がついて行けるのです。

その方々が、どういう気持ちで、自分に接してくれていたのかということを考えます。
だからこそ、次は、自分の番だと思えるのです。

大きなことは、できなくても良いのです。

自分のできること。
少しずつ、少しずつ。
返していけると良いですね。

道場設立2周年に思うことであります。


2009. 04. 16  
4月15日をもちまして、正伝流空手道中村道場も、2周年を迎えることとなりました。
これも、一重に道場生の皆様及び関係者の皆様のご支援によるものと深く感謝しております。
ありがとうございます。

この2年を振り返ってみますと、本当に、あっという間でした。
まさに、右も、左もわからないところから始まった正伝流でしたが、全力で、駆けぬけて来た2年でありました。
その中で、人の縁が広がり、そして、その縁が深まったことは、とても嬉しいことであります。
正伝流のパワーの源は、その人の繋がりにあるといっても、過言ではないと思います。
その人と人との繋がりを大切にして、これからも、がんばって行くことができましたら、
正伝流空手道中村道場は、もっと、もっと、強く、楽しい道場になれるのだと思います。

 自分自身も、道場としても、まだ、まだ、発展途上です。
ですから、これからも、たくさんの課題やら、試練と直面していくことになります。
それらの出来事や物事を道場生の方々や関係者の皆様と共に、しっかりと受け止め、
乗り越えていくことで、色々なことに気づいたり、多くのことを学んで行きたいと考えております。

3年目に突入して行きますが、これからも、精一杯、がんばりますので、
これからも、よろしくお願い申し上げます。


2009. 04. 14  
火曜日の朝。
午前部の時間。

今日は、デザイナーのI氏が、稽古に来られました。
稽古前。
お互いに体を解しながら、雑談。
雑談は、心をほぐす物だと思う今日この頃。
楽しい時間です。

そんな時。
道場の入り口に人影が・・・。
誰か、稽古に来られたのだろと思っておりましたら・・・。
中々,入って来られない。
変だなぁ~と思っておりましたら、I氏が、ドアの所へ。

見学の方でした。

突然の来訪者に、ドアを開けてからのI氏の固まっておられた時間が、妙に面白かったです(笑)。

午前部は、ご存じの通りの楽しいクラスですので、
一緒にやりますか・・・と準備運動だけでもと思っておりましたら・・・。

最後まで、がんばられました(凄)。

頑張る人には、ついつい、教えてしまいます・・・。
そして、着て来られた服は、汗だく・・・となってしまいました。 
申し訳ない・・・(反省)。

36才の見学の人でした。

汗だくとなられて、颯爽と雨の中、原付で帰られたその姿は、カッコ良かったりしてと・・・思うのは、
自分だけでしょうか・・・。

昨夜の夜間部しかり。
働くパパ達、応援していければと思います。

また、来て下さいね・・・と思う自分でした。



2009. 04. 14  
4月13日(月) 夜間部、始まりました!

時間は、毎週月曜日 午後10時~11時までです。
基本、移動、型の3つで過ごす1時間です。

仕事が終わって、道場に駆けつけてみると、いつも、スパーリング。
スパーリングは、楽しいですし、充実感もあります。
そして、ミットなどをしておけば、取り敢えず試合にも、出場できます。

そんなものかなぁ~と言う自分とそれで良いのかという自分が居ました。
そして、前回の審査の時、やはり、ダメだと思いました。

空手は、基本が命。
この当たり前のことができていないと、やはり、壁にぶつかります。

人によっては、黄帯ぐらいが限界かもしれません。
下手をすれば・・・青帯。

空手道場に入門して、空手を知らず・・・。

本人任せには、限界があります。
ベースが無ければ、本人が、いくら頑張ってみても、限界があります。
正伝流の稽古時間にその受け皿が無かったのですね。
本当に申し訳ないことでした・・・(反省)。

思い起こせば、自分の原点も、夜間部でした。
会社員だった当時。
夜9時に、稽古が終われば、みんな帰ってしまうのは、当たり前でした。

そんな中でできたのが、夜間部でした。
当時、茶帯だった自分が、その責任者。
何と・・・日本で初めての夜間部誕生でした。
(今では、たくさんの道場であるのは当たり前ですね。)

当時の夜間部は、社会人の試合に挑むクラスでした。
夜の9時半から、真夜中まで。
エキサイトすると午前3時ぐらいまでやっていた、訳のわからないクラスでもありました・・・(苦笑)。
その仲間がM仁氏だったり、ウッチー氏だったりしたわけです。
週一から、週2となり、週3となりました。
今思えば、近所迷惑の限りのことです。
打倒一般部という本当に身近な目標を持って、がんばっていたのが、昨日のようです。

今の正伝流の雰囲気が、その時の夜間部にはあったような気がします。
激しく、楽しい空手の時間という雰囲気です。

そんな夜間部とは、ちょっと違うかもしれませんが、
正伝流 夜間部 今夜より始動です。

がんばりましょう!

目指せ、最強のサラリーマン空手家!



2009. 04. 11  
JAVA TEA 始めました!
・・・と言うと、なぜ、ブログに・・・と思われる方もおられると思います。
中村先生は、そんなにJAVA TEAが好きだったのか・・・と思う人も居ると思います。

今週の水曜日。
自販機のお兄さんが、JAVA TEAを自動販売機に入れてくれました。
ボトルカラーが緑の緑茶。

JAVA1

別にJAVA TEAが好きということではなかったのです。
このボトルのデザインにとても興味があったのです。
JAVA TEAを作っている大塚ベバレッジという会社。
社長さんが、JAVA TEAを一新するということで、デザインを依頼したのが、Kom&Co.デザインという会社。
その会社は、道場生 小牟田1級が代表取締役とデザインプロデューサーをされている会社です。
「正伝流空手道中村道場」のロゴマーク及びロゴも、やはり、小牟田1級が、右田氏という天才的な感覚を持たれたデザイナーの方と一緒になって、デザインをして下さったものです。

ですので、今回のボトルのデザインに興味津々だったのです。
緑色のボトル。
見れば、見るほど、色々とチャレンジされていることが分かります。
それ以上に右田氏のデザインの感性を表現するために、どれほど職人さんが、がんばったのかが、感じられるものとなっていました。
辛かったに違いないと・・・思ってしまいました。

飲んでみますと・・・今までの緑茶にはないスッキリ感が気持ちの良い緑茶でした。
真面目に、美味しい緑茶です。
師範、お薦め商品に認定してしまいます(笑)。

そして、このボトルは、捨てても良いものか・・・と考えてしまう自分がいました(苦笑)。
結局、机の上にあるのですが・・・。

そして、昨夜。
小牟田1級が、JAVA TEAを沢山持って、道場に挨拶に来てくれました!
開発エピソードの話は、やはり熱いものでした。
感動的でもあり、大爆笑もありました。
そして、赤色のJAVA TEAも、沢山、頂きました(嬉)。

java2

正伝流のロゴとJAVA TEA。
全く関係がないようですが、実は、兄弟のようなもの。

沢山の人に愛される物となって欲しいと願っております。



PS.小牟田1級と右田氏のクリェーターズインタビューは、下記の通りとなります。
興味のある方は、アクセスしてみて下さいね。
http://www.javatea.net/flash/index.html


プロフィール

中村清志

Author:中村清志
空手暦27年 
正伝流空手道 中村道場 
師範 
http://www.seidenryu.com/
FACEBOOK 中村清志
https://www.facebook.com/nakamura.kiyoshi.587

カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。