--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009. 02. 27  
先日、稽古が終わり、帰宅。
テレビをつけてみると「バースディ」という番組で、WBCで、日本のエースである松坂大輔選手の特集。
3年前、優勝した日本。その後の成果が大いに期待されています。
その番組では、松阪選手のいままでを振り返り、ドキメンタリーにしたものです。
その内容は、凄いの一言です。

松阪選手と言えば、野球のエリートというイメージでしたが、
意外と、そうではなく、勝負での厳しい経験を積み重ねて来たことが紹介されておりました。

高校生時代。
負けては、ならない試合で、最後の最後での大暴投。
オリンピック
3位決定戦での敗戦。

非常に厳しい経験です。

常人でしたら、野球から逃げ出したくなるかもしれませんね。

とっくに、諦めてしまうこと。

しかし、彼は、違っておりました。

負けた次には、より大きくなって、更に大きな舞台でその力を発揮してきました。

凄い人です。

負けることや失敗することは、とても、辛いことです。

それをバネにして、がんばれる人が居ます。
そうでない人も居ます。

キッい時や辛い時。

もう少し、もう少しと頑張ること。

強くなるということは、その繰り返しなのだと思います。

それが、中々、難しいのですが・・・。






スポンサーサイト
2009. 02. 26  
自分の出身は、兵庫県です。
ですから、土曜日に学校から帰ってくると吉本新喜劇、日曜日も、吉本新喜劇。
ですから、吉本新喜劇は、日常の中にあたり前にありました。
それは、東京に出てくることになるまで続いたのでした。

その中で、登場されていた間寛平氏。
いつも、笑いの中心にいらっしゃいました(笑)。
ですから、いまでも、実に、好感を持っています。

その間寛平氏。
只今、地球1周中です。
アースマラソンと言う企画です。
3年かけて、地球を1周するというとんでもない企画です。
陸地は、マラソン。
海は、ヨット。
現在、太平洋。
LAを目指して、航行中です。

その活動が、下記のブログで発信されています。
自分は、毎日、チェックしております。

http://www.earth-marathon.com/

地球1周というとてつもないチャレンジです。
そのチャレンジに沢山の勇気を頂くことができている今日このごろです。


2009. 02. 25  
学生の頃の自分は、機械工学の勉強をしていましたので、色々なことが数字で、出てきては、それから、色々な事を判断したり、喜んでみたり、へこんでみたりしておりました。
それは、社会人となり、会社員をしていたときも同様。

そして、今。
学生の頃以上に、色々なものが数字になります。
また、インターネットなどの電子メディアには、情報が溢れています。
そんな時代だからこそ、やはり、数字は、恐ろしいと思います。
浮かれてみたり、へこんでみたりです・・・(苦笑)。

ですが、数字は、数字と思える自分もいたりします。

大切なものは、数字では表せないことも多いのだと思います。
また、目に見えないものが多いのです。

勇気であったり、
信念であったり、
思いやりであったり。

大切なものは、心で感じるものなのですね。

稽古の中で学ぶことでもあります。



2009. 02. 24  
昔、「人が集まる10ヶ条」と言うものを見たことがありましたので、
インターネットで検索してみましたら、出てきましたので、ご紹介します。

「人が集まるところに」人は集まる。
「夢の見られるところに」人は集まる。
「噂になっているところに」人は集まる。
「良いものがあるところに」人は集まる。
「快適なところに」人は集まる。
「満足を得られるところに」人は集まる。
「自分のためになるところに」人は集まる。
「感動を求めて」人は集まる。
「人の心を求めて」人は集まる。
「自分の存在感を認めてくれるところに」人は集まる。

毎日、毎日の新聞やニュースでは、その逆のことが多いですね。
人が集うところで、その批判ばかりしたり、粗探しをしたり・・・。
そういう人は、どこに行ってもその繰り返し。
そして、気がつけば、裸の王様であったりします。

人が集うところ。
色々な事が起こります。
それは、皆が違うのだからあたり前のことです。

楽しいことも、沢山。

問題も、沢山。

そのひとつ、ひとつを批判し、責任転嫁するばかりではなく、
その場をその事を含めて活性化できる人。

そういう人が、今、必要なんでしょうね。

そういう人の周りには、やはり、人が集うのだと思います。

そういう人になりたいものですね。

PS.ピカチューとレジギガス、ディアルガのスタンプをゲットしました。
子供達の想いがこの強運を呼んでいるのでしょうね。恐るべし・・・。




2009. 02. 22  
もうすぐ3月です。
今年も、早いですね。
2月も、終わってしまおうとしております。
今日は、見学が何人が来てくださいました。

春は、人が動きます。
何か、新しいことを始める人が多くなってきます。

火曜日の指導をしてくれているI初段は、お坊さんになる修行のために京都へ。
これから2週間は、自分が指導をさせていただきます。

結婚しますと連絡に来てくれた彼女は、北海道へ。
北海道大会の折には、お邪魔致しますね。

大学、高校に合格しました!!!
4月からは、新天地での生活が待っています。

試合も、目白押しです!
ジャパンカップ、清武会トーナメント、新極真会 全関東大会、がんばりましょう!

一生懸命にがんばって、がんばって、力一杯に頑張って、次のステージへ。

春は、出会いと別れの季節ですね。

道場での別れは、ちと・・・寂しい。
しかし、人の縁は、切れるものではありません。
何かにつけて、遊びに来てくれたり、連絡をいただけると嬉しい限りです。

また、新たらしい出会いも増えてきます。
再会も、同じく。

出会いは、感動の種なのかもしれませんね。

ドラマの始まりであるのです。

楽しみですね。




2009. 02. 21  
ヨガ ヨガ ヨガで、先日の木曜日で3回目となりましたヨガ教室。

午前中というにも関わらず、沢山の人が参加してくださいました。
とても、楽しい時間となりました。

ヨガをやっているときは、何とかついていけてる・・・と思っております。
しかし、ヨガの後、何をやったかが良くわからない・・・。
復習をしておきたいなぁ~と考えて、思い出そうとしても、中々、難しいのです。
ボケ・・・が侵攻しているのでしょうか、自分の頭の中に・・・(苦笑)。

やっているときは、夢中になってやっております。
そして、以前にやったものですと、これは・・・と対応できたりします。
しかし、頭の中の記憶ではないのです。
体が、覚えているのですね。

頭で考えることばかりの現代。
体で感じ、体で覚えること。

ヨガが面白いだけでなく、
とても、良い経験になっているのでした。l

3月は、12日(木)です。
ご都合の良い方は、是非、ご参加下さいね。
お待ちしております。




2009. 02. 19  
幼・少年部で始めました出席カード。
子供たちのモチベーションも上がってきている様子・・・(苦笑)。
自分も、色々と楽しんでおります。
基本は、正伝流ハンコですが、たまには、他のスタンプもあります。
それが、楽しいという人もいます。
また、12回稽古に来るとカードが一杯になります。
そうすると鉛筆がもらえたりします・・・。

その鉛筆を探したり、スタンプを探すことがマイブームになっている今日この頃。
文房具屋さんでは、鉛筆を探しては買い、スタンプを探してみては・・・。
出席カードに押すスタンプのバリエーションが増えればなぁ~と思っておりました。

そんな中、おもちゃ屋さんで見つけました。
ポケモンのスタンプ。
1ケ 105円です。
全36種類ということですので、中に何が入っているのかわからない・・・。
そこで、試しに5ケ購入。
目指せ、ピカチュー!

pokemon

結果、伝説のポケモン3体ゲット!
わかる人には、わかるシロモノです。

これは、これで、良しとするところです。

出席カードで、伝説のポケモンをそろえてくださいね。



2009. 02. 19  
先日のブログで、怪我について書いてみました。
今日、そのブログを自分で、読み返してみて、ふと・・・考えました。
どこからが、怪我か・・・ということについてです。

普通の人と空手な人達。
怪我の感覚は、かなり違います。
空手の試合中に拳を骨折してしまったりすると普通の人は、棄権だ・・・となるが、
空手な人は、痛みが麻痺するまで叩け・・・となる(絶句)。
骨折は、怪我ですか・・・と聞かれると・・・大丈夫だよ・・・となるのが、空手な人達。

強い人であれば、あるほど、そんな傾向があるような気がしてならないのは自分だけでしょうか(苦笑)?

物事の考え方であったり、
悪いことであったり、逆に良いことであったりと
周りで起こることで、心のあり方は、色々と変わりますね。


悪いことが続くと、次は良い事が起こる番だと思う人がいます。

悪いことが続くと、更に悪いことが続くと思う人が居ます。

心のあり方。

常に、意識して行きたいものですね。





2009. 02. 18  
空手という物の本質は、人を如何にして倒すかということになります。
ですから、稽古の中での気の緩みは、大きな怪我に繋がることがあります。

道場には、社会人の方が沢山います。
ですから、空手で怪我をしましたので、会社を休みます・・・は、許されないことです。
道場の稽古でのスパーリングでは、黒帯をはじめとして、お互いに怪我をしないようにという意識を頭の片隅に常に置いていなければならないと思っています。

自分は、今年で空手を初めて23年ほどになりますが、その間に色々な怪我を見てきました。
注意をしていても、起こったと思われる怪我です。

怖いと考える怪我は、次の3つです。
1.目の怪我
  蹴りの際に指が目に入ったりして、怪我となります。
  目は、非常に大切なものであることと怪我をしやすいところです。
  蹴りがかすっただけでも、大きな怪我になることがあります。
  一番、注意しなければならないことです。
2.頭部へのダメージ
  蹴りでのダメージは、本当に怖いです。
  正伝流空手道 中村道場の方ではないですが、頭部を蹴られてから自分の家に戻ってきた際の
  記憶が無いという人がいました・・・。
3.心臓への負担
  空手の試合は、大変、危険です。
  強い刺激を受けると心臓は、止まっています。  
  また、寝不足なども、それを促進してしまいます。

怪我をすると仕事にも、家庭にも、自分自身のことに対しても、
とても大変なことになります。

怪我は、怖い。
常に心に留めておきたいことです。

2009. 02. 17  
2月15日(日) 第6回 カラテ チャレンジ チャンピオンシップ 2009が、開催されました。
会場は、とどろきアリーナ・サブアリーナ 主催 空手道MAC事務局でした。
一般軽量級、中量級、重量級、女子軽量級、重量級、シニア軽量級、重量級の7つの階級、出場選手は、76人。平成18年に第5回大会以来からの開催ということでしたので、新旧の名選手達が集うレベルの高い大会をなりました。

正伝流空手道中村道場からは、一般軽量級にY初段、一般重量級にF初段の2人が出場しました。
結果は、一般重量級に出場しましたF初段が、優勝。
1回戦シード、2回戦最終延長3-2、準決勝戦 体重判定、決勝戦 本戦5-0。
本当に僅差、僅差の厳しいトーナメントでした。


20090215f



また、Y初段は、1年半ぶりの試合でしたが、同大会3位になったI選手と激しい攻防を繰り返しての惜敗となりました。

20090215Y


今大会に出場した2人は、共に、社会人です。
仕事の合間に稽古をして、時間を惜しんでの稽古を・・・繰り返しての出場でした。

今大会に出場されていた選手の方々。
皆さん、本当に稽古を積まれて来ておりました。
非常にレベルが高かったです。
関東近郊での新旧の選手が入り混じってのトーナメント。
とても、厳しいものでした。

最後は、やはり、気持ちが大切です。
心が折れないこと。
その一言に尽きます。

今大会に出場した2人。
試合の中で、色々なことに気いたこと、学んだ事が、沢山、あったと思います。
そのことにより、自分たちの空手がもう一つレベルアップできれば良いですね。

選手の皆さん、お疲れ様でした。
また、応援に駆けつけて下さった皆様、ありがとうございました。

PS.試合当日。
トーナメントの発表。
両名ともに2回戦で、協力団体道場であるフルコンタクトカラテスクールの選手との試合。
Y初段は、実現しませんでしたが、F初段とI選手の試合は、白熱した良い試合でした。
この両名の試合、2回戦ではなく、もう少し、上の方で当たって欲しかったと思うのは自分だけでしょうか・・・。同じ道場の道場生同志、協力団体道場の選手との試合は、頭でわかっていても、心は、辛いですね・・・。だからこそ、そこで、学んだ事を大切にしたいですし、大切にしてほしいと思います。




プロフィール

中村清志

Author:中村清志
空手暦27年 
正伝流空手道 中村道場 
師範 
http://www.seidenryu.com/
FACEBOOK 中村清志
https://www.facebook.com/nakamura.kiyoshi.587

カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。