--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008. 12. 31  
今年も、残すところ後1日ですね。
色々な人と話をして見ますといい年だった・・・。
そして、凄く早い1年だったと言われます。
自分も、その通りだと思っております。

そして、稽古納めも終わり、
今日、事務所での仕事納めでした。

沢山の人と色々な事ができた一年でした。
また、できなかったことも、たくさんあった一年でした。

稽古納めの翌日、道場に行きますと
黒帯になった二人が、彼女も含めて4人で、道場にあるゴミを片付けてくれていました。
彼らが、丁度、帰るタイミングで、バッタリと会う形でしたが・・・ありがたいことだと思いました。
また、言われてやるのではなく、自分達で、そういうことができる彼らは、やはり凄いと思うのです。

1年を振り返ります。
正伝流空手道 中村道場は、たくさんの人に支えていただいた1年でした。
自分が気が付いていることだけでも、沢山あります。
気が付いていないことをあげれば、一体、どれぐらいになるのでしょうか?

深く、深く、感謝の気持ちで一杯の一年でした。

少し充電して、また、がんばりましょう!




スポンサーサイト
2008. 12. 28  
12月27日(土) 2008年度 稽古納め。

早いもので、今年の稽古も、終わりとなりました。

幼年部と少年部は、午前10時30分~。

一般部は、5時30分から黒帯の授与式。
新しく黒帯を締める3人の黒帯。
頼もしい黒帯が3人増えたこと。
とても、心強く思います。
これからは、正伝流の黒帯として、空手道を更に邁進していただければと思います。

そして、6時から稽古納め。
稽古納めは、恒例となっております108人スパーリング。
これには、他道場から2人の方が、参加されました。
また、幼年部から小学1年生のMくんが参加。
がんばりました!

結果は、今年も、怪我も無く、全員無事完遂。
108個の煩悩。
108回のスパーリング。
そして、108回の「ありがとうございました!」
1年の締めくくりは、やはり、108回の感謝の気持ち。

今年、がんばって結果を出せた人も、そうでなかった人も。
まだ、途中の人も、色々な人がいます。
一生懸命は、必ず次のステージに繋がって行きます。
空手、仕事、家庭、日常の生活の色々なことにおいて、
自分のステージを一つレベルアップできればと思います。

来年も、がんばりましょう!

keikoosame


そして、大掃除&納会。

大掃除は、ワイワイガヤガヤ・・・。

納会は、お母様、お父様方が、準備をして下さり、
今年1年を振り返り、みんなが、それぞれで、楽しく盛り上がりました。

そして、その宴は、深夜まで、続いたのでした・・・。

皆様、今年、1年、お疲れ様でした。

素敵な年の瀬をお過ごしくださいね。




2008. 12. 22  
12月20日(土) 少年部クリスマス会が開催されました。
会場は、正伝流空手道中村道場の道場。
たくさんの子供たちで楽しい時間を過ごしました。
少年部クリスマス会は、今年1年、がんばった子供たちへのご褒美の時間です。
みんなで、楽しくゲームをしたり、遊んだり、お菓子を食べて過ごしました。

kurisumasu1

また、年末ということもあり、社会人の方は、仕事も、忙しいということは、当たり前のことです。
その中でも、調整をして下さりスタッフをして下さったK氏、O氏、そして、中学生の皆さん、少年部の父母さま、ありがとうございました。今までは、少年部で、クリスマスを楽しむ側だった人も居ますが、今年からは、中学1年生ということで、子供たちを楽しませてくれました。去年までとは、違うお兄さんぽさが、素晴らしかったです。2年生ともなりますと、もう、ベテランという感じです。子供たちを楽しませ、それ以上に自分たちも、楽しんでいる姿には、感動すらできるのでした。


クリスマスで、思い出すことは、人それぞれで、たくさんあると思います。
自分の記憶の中でも、たくさんの大人の人たちが、色々な事をして下さいました。
サンタの姿で・・・。
今は、自分が、そんな姿になっておりますが・・・(苦笑)
トナカイさんも、一緒です。

santa

物事は、連鎖します。
そして、循環していきます。
良いことも、悪いこともです。

何年かのちに、今日の子供たちも、サンタになっていて欲しいと思うのでした。

沢山の笑顔と共に。




2008. 12. 19  
「この前のジャケットは、30年だね。」と言われました。

自分は、基本的に、着て、着て、着て、ボロボロになったら次という人なのです。
スーツなんかも、そうなってしまいます。
空手を始める前の服などは、基本的に入らない・・・着ることができなくなってしまいました・・・(苦笑)。
年齢を重ねられている方が、自分のまわりは、たくさんおられます。
自分も、どちらかといいますと、そちらにはいりそうなところまできておりますが・・・。
そういう方々が、着られている服を拝見すると10年物とか、20年物がざらだということ。
これは、物持ちが良いという話では無いと思うのです。
物に対して、愛着を持って、大切に使って行くという昔の日本の人が持っていた心の現れだと思うのです。

使い捨てという言葉があります。
便利になった時代の象徴の様な言葉です。
次から、次へと、色々なものが手に入る時代です。
子供のおもちゃ箱なども、その象徴です。
ひとつのおもちゃを気に入って、そのおもちゃを使いながら、遊びが広がって行く感覚。
その中で、物を大切にすることを覚えたり、友達と仲良くすることを覚えることができたものです。

今は、どうなんでしょうね。

愛着を持つこと。
物を大切にすること。

こういう時代であるからこそ、もう一度、考えて行けると良いですね。







2008. 12. 18  
今日は、午前部の稽古の時間にヨガを教えて頂きました。
ヨガの先生は、道場生の幼年部に通うI君のお母さん。
I先生は、2ツのスポーツクラブで、ヨガとエアロビクスを教えられているフリーインストラクター。
ですから、本格的なヨガを道場で教えて頂けた自分は、何と運が良いのでしょうかと思ってしまう内容でした。参加されていたのは、道場生の2人、お友達の方4人、そして、自分。合計で、7人。
昨日の寒さがうそのようにポカポカとした道場でのヨガ初体験でした(嬉)。

ヨガの内容は、リラクゼーション系のヨガに、少しパワー系のヨガを入れたものだとのこと。
時間は、70分ぐらいでした。今回、参加された方は、皆さん、初心者の方なので、先生の指示に従ったり、マネをしてみたり、楽しい時間を過ごすことができました。
ヨガの最後には、リラクゼーションという時間があります。
体の力を抜いて、寝ているのですが、自分は、本当に寝てしまいました・・・(反省)。

今、ヨガが終わって2時間30分ぐらいが過ぎておりますが、体の中が、ポカポカとしております。
ヨガのプログラムも、面白かったのですが、このポカポカ感が残っていることに、凄さを感じます。

空手の源流を遡って行きますと、ヨガにも、たどり着くと聞いております。
ヨガを通して、空手を別の角度から見ることができると、また、楽しいと思っております。

1月も、また、開催の予定です。
日程が、決まりましたら、ブログにてお知らせしたいと思います。
興味のある方は、是非、ご参加くださいね。




2008. 12. 17  
Kさん「師範、私は、小さい時は、お転婆だったんですよ・・・。」

自分「そうでしょうね・・・(苦笑)。」

Kさん「男の子を殴ったりもしてたんですよ。」

自分「今も、稽古で、殴っているでしょう・・・(笑)。」

稽古の後のお喋りです。

昨日は、今年、最後の火曜日の稽古でした。
火曜日は、ご存じの通り、大変、色々な人が来る人気のクラスです。
これも、一重に、指導をしているI初段の人柄のなせる技だと思うのです。

来週が、祝日ということもあり、残り半月ありますが、稽古納めですね。
先週の土曜日も、同じく稽古納め。来週が、少年部のクリスマス会、その次が、稽古納め。
まだまだ、続くと思っておりましたら・・・あらら・・・という感じです。

正伝流空手道中村道場のクラスは、ひとつ、ひとつが、良い意味で個性的で、独立しております。
その稽古しか来ていない人も居ますので、そのクラスが稽古納めとなれば、また、来年・・・ということになります。

あっという間の一年でしたね。
残り半月ありますが・・・。
クリスマス会もありますし、真士会交流大会も、あるのですが、もうすぐ、今年も、終わりです。
時間を逆戻りさせることは、できませんが、その時間の中で、起きた大切なことをこれからの未来に活かすことはできます。そのことが、大切だし、面白いのですね。

色々とありましたが、中身の濃い一年でありました。

来年に繋がる一年であったと思います。

今年も、いよいよ、ラストスパートです。
楽しみながら、がんばりましょう!

稽古納めと納会が、待っていますね。





2008. 12. 16  
12月14日(日) 第2回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会が開催されました。
会場は、とどろきアリーナ・メインアリーナ。
全国の厳しい選抜戦を勝ち残り集った選手は、691人。
幼年~高校生までの27階級で行われた試合は、激しい試合もあり、好試合も、多数ありました。
正伝流空手道中村道場からは、今大会には、残念ながら、出場選手が居ませんでしたが・・・。
選抜試合となる大会、試合で、その出場枠を獲ることができなかったのです。
これほどの大舞台となる大会があることが、ジュニア選手達の良い目標となり、成長の糧となればと思います。

今大会では、選手は、出場できませんでしたが、正伝流空手道中村道場からは、スタッフとしてお手伝いさせて頂きました。
副審として、中村とK氏、スタッフに6人が入らせて頂きました。
今大会は、当日の朝、会場の設営が行われました。
したがって、集合は、朝の8時・・・。
しかも・・・雨。
しかし、会場に着くと、たくさんの方々が、来られていました。
JKJOの試合では、本当に師範と呼ばれる方々が、ドンドンと動かれては、試合場を組んで行かれます。指示をする前に動いているという具合です。この行動力と熱意が、全日本ジュニア大会へとつながっているのだと思います。
そして、およそ2時間。
あっという間に、メインの舞台と7つの試合場が設営されてしまいました。
このスピードは、驚異的でした。

そして、大会が終わると撤収。

試合が終わると、もう疲れた・・・。
帰ろう・・・となるのですが、そこでも、師範方を初めとして、たくさんの方々が、作業に従事しておられました。また、新潟などの遠方からバスで、来られている師範、先生方、道場生の方々が、最後まで、作業をされているのを拝見すると、自分も、帰るわけには行かないと言うことになるのです。大会は、選手だけでは開催することは、できません。それを支えてくれるスタッフがいて、応援してくれる仲間がいるからこそできるのです。今大会は、選手がエントリーできなかったからこそ、スタッフとしての在り方ということで、学ぶことの多い大会でした。

また、審判とスタッフという立場から試合を振り返ると、来年は、もっと、もっと良い大会になるだろうなぁ~と思います。そして、選手のレベルも、もっと、もっと上がると思います。ですから、来年、この大会で勝ち上がるためには・・・と考えると、当たり前ですが、1日、1日の稽古が、とても、大切になって来ます。1日、1日を大切にし、1回、1回の稽古で、がんばること。そうして過ごす1年は、子供たちにとっても、自分たちにとっても、本当に学ぶことの多い1年になります。

第3回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会は、来年の11月に東京で開催されます。
また、来年へ向けての稽古は、もうすでに、始まっているのです。大いに奮起して、ワクワクとがんばりたいものですね!


2008. 12. 13  
「獅子は、千尋の谷にわが子を突き落として、這い上がって来た者のみを育てる」ということを言われます。
インターネットで、本当にそうなのかを調べてみました。
結果は、ライオンは、そのような習性は、無いとのことです。
しかし、それは、そうあるべきだと思えることは、多々、あります。
「苦労は、買ってでもしろ・・・。」というように、試練は、人を鍛え上げてくれます。
そこで、鍛え上げられることで、その人間に芯ができてくるのだと思うのです。
鍛えられ過ぎて、頑なになっては、どうしょうもないのですが、人は、人生という荒波によって、揉まれ、鍛え上げられていくのです。

少年部を指導させていただいたり、子供を育てる親として、子供たちと触れ合っていたり、一緒に時を共有していますと、子供たちから学ぶことは、本当に多いのです。
その中でも、子供の学習能力や適応能力、バランス感覚には、本当に驚かされてしまいます。

千尋の谷とまでは、行かないですが、子供たちがチャレンジしていくことは、とても大切なことですね。
大丈夫かな・・・と思うこともありますが、子供を信じて、是非、挑戦させて頂ければと思います。

獅子の如く。
我が子を鍛える。
それは、教育の原点だとも思うのです。



2008. 12. 11  
昨日は、フルコンタクトカラテスクールと相模原鈴木道場、そして、正伝流のジュニア選手合同稽古の日でした。いよいよ、今週末に迫りましたJKJO全日本ジュニア大会に向けての調整を兼ねた合同稽古でしたので、とても、勉強になりました。今年は、正伝流空手道中村道場からの出場は、無いのですが、来年に繋がる稽古だったと思います。

話は、変わりますが、来週の木曜日の午前部の時間。
ヨガを教えて頂くことになりました!!!
経緯は、またの機会にご説明できればと思いますが、面白いご縁だと思っております。
講師は、幼年部のお母さんのIさんです。
普段は、スポーツクラブでインストラクターをされている先生です。
先日、少しヨガを見せて頂きましたが、カッコ良かったです。
見せていただいたヨガは、パワーヨガと呼ばれるもので、ちゃんとやると75分のプログラムです(驚)。

今年中に一度は、やりましょう・・・と言っては、見たものの、意外と時間の無いことに気が付き、ガッカリとしておりましたら、午前部の方々が、興味津々ということで、午前部の時間にやってみようということになりました。

しばらくは、体験ヨガという形で、教えていただきますので、参加費は、無料です。
道場生、もしくは、少年部のお母さんで、参加してみたいという方は、中村まで、ご連絡下さいね。
予約していただいての参加となります。宜しくお願い致します。お待ちしております!


12月18日(木) 午前10時~11時30分 道場にて!




2008. 12. 09  
カラテの試合は、たくさんあります。
試合から学ぶことは、多いですし、そのことが、その人の生き方に活かされるととても良いですね。
しかし、試合の本質は、やはり、勝負ということになります。
試合に出場すると決めたからには、逃げることのできない勝負です。

仕事においても、そうですし、学校においても、そういう事は、あるのだと思います。

このような大きな勝負は、さておき・・・。
日常の中での小さな勝負。

時間が間に合うか・・・・。
財布のお金が足りているか・・・などなど、色々なことがあったりします。
自分自身が間に合っていれば、何もあわてる必要もないですし、十分に対応できることです。
しかし、日常生活の中。
勝負となることが、多々、あります。

今日の朝。
午前部の前。
駅まで、車で家内を送ることに・・・・。
戻り道。
いつも、空いている道が渋滞・・・。
いつもの曲がり角は、工事中。
そして、道場の前の道は、工事車両が・・・。
道場は、目の前。
でも、進めない・・・。

完敗してしまいました・・・(苦笑)。

午前部のお母さんたちは、笑って許して下さいましたが・・・大いに反省。

スミマセンでした・・・(懺悔)。

ありえない、一日の始まりでした・・・トホホ・・・です。





プロフィール

中村清志

Author:中村清志
空手暦27年 
正伝流空手道 中村道場 
師範 
http://www.seidenryu.com/
FACEBOOK 中村清志
https://www.facebook.com/nakamura.kiyoshi.587

カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。