--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008. 02. 29  
「忙しい」ということについて、以前のブログにも書いたことがあります。

この字は、「心を亡くす」と書いてありますと・・・。
ですから、「忙」という字の多い、日常と言うものは、
とても、嫌なものですね。

また、最近。
忙しい状況について考えてみました。
仕事、仕事で忙しくて・・・と言う人は、とても多い。
自分も、良く使ってしまう状況が多いですね。

この忙しさ。
実は、自分自身がそういう状況を作り出していたりするのです。

あれも、これも・・・。

忙しい、忙しい・・・となるのです。

今、何をしなければならないのか・・・を良く考えること。
そうすることで、今、やるべきことが見えてきたりします。

忙しい、忙しいと大騒ぎする前に、
時間の使い方、物事の捉え方・・・考えてみることが大切だと思うのです。



スポンサーサイト
2008. 02. 27  
以前、ジュニアの大会で優勝された方からメールを頂きました。
「本日の大会で、優勝できたので、今日は、帰りにハンバーグで乾杯をしてきました!」というものです。
これは、とても、ほのぼのとしたものを感じますし、その時に食べたハンバーグは、その子供及びご家族にとって最高のディナーになったと思います。
いつまでも、いつまでも、大切にしたい思い出になると思うのです。

しかし、昨今。
ジュニア大会に出場して、「○○を買って貰うんだ!」とかが増えているように思うのです。
これは、とても、変な話です。

馬に人参。
猫にマタタビです。

自分のしたことに対して、報酬を要求する。
これは、仕事ということになります。

空手の試合は、仕事ではありません。
努力して、勇気を振り絞り、そして、勝利する。
また、仲間と友情を深めていくことができる場所なのです。

子供達にとっては、体験の場所であると同時に教育の場であるのです。
試合の中で見せる子供達の強さ、弱さ、一生懸命。
そこから、自信を見出し、次の課題へと取り組んで行くことが大切です。

ですから、ご褒美のあり方は、良く考えなくてはなりません。
勝利することができたという事が、最高のご褒美であるのです。

その時間を家族や仲間と共有することができればと思うのですが・・・。

物にこだわる必要は、無いのです。

難しいことなのでしょうかね・・・?

考えてしまします。

誕生日、クリスマスなど、その分、奮発してあげればと思うのですが・・・。


2008. 02. 26  
昨日の試合。

正伝流空手道中村道場からは、初出場の選手が沢山居ました。
特に、幼年部、2年生のクラスに多かったです。

自分のはじめての試合の時のことを思い出します。
その前の日、試合直前の時、非常に緊張したことを覚えております。

昨日の子供達。
緊張していました。

そんな中。
正伝流の道場生。
少年部と幼年部。
クラスが違うと会う機会も少ないです。

ですが、そんな事は、関係無しでした。
正伝流の道着を着た道場生の子供が試合場に上がると
会場のあちこちから、「○○、がんばれ!」の声。

不安な中に居る選手にとって、
こんなに嬉しいことは、無いだろうなぁ~と思うのです。
そして、落ち着けたのでは、無いのでしょうか。

皆さん、応援、ありがとうございました。



2008. 02. 25  
第2回東京佐伯道場交流試合に参加させて頂きました。

新極真会で、懇意にしてくださる師範のご紹介での参加となりました。
この様な機会を与えてくださった師範に感謝すると共に、今回の出場を快諾してくださった佐伯師範にも、感謝の気持ちで一杯となりました。

交流試合につきましては、新極真会の方々の中に正伝流がお邪魔しているような雰囲気の中での開催となりました。
試合前、大会当事者の佐伯師範。
物凄く、作業をされるのです。
人任せにしない姿勢は、自分の尊敬するS師範に匹敵するものがあり、最初から好感を持たせていただきました。

今回の交流試合は、163人の組手の試合の他に型の試合が行われました。
会場は、月島スポーツプラザ。
幼年部から壮年部までの階級で、会場の関係もあり5部制での開催となりました。
正伝流空手道中村道場からは、組手試合25人、型試合2人の参加。
結果としまして、小学2年生初級の部 優勝と準優勝、小学4年生上級の部 優勝させていただくことができたことは、とても、嬉しいことでした。

今回の交流試合は、先週の敗戦のダメージが重く圧し掛かった気分での参戦でしたので、
どうなることかと思っておりましたが、参加選手の奮戦には、本当に勇気をいただけました。
稽古の中で、いつも、言わして頂いております正々堂々と一生懸命が組手の中に現れておりました。
また、今回の交流試合は、正伝流空手道中村道場で、初めて試合に参加したものが多かったのです。
試合というものがどういうものか、わかってくれればこんなに嬉しいことは、ありません。
負けた人も、勝った人も、気持ちを新たに、次の試合を目指してがんばって欲しいと思うのでした。

試合につきましては、賛否両論あると思います。
しかし、試合から学べること。
これが、とても良いと思います。
今回の交流試合のパンフレットにこのような言葉が書かれて降りました。

「武の道においての真の極意は体験にあり よって体験を恐れるべからず」

・・・というものです。
極真会館 創始者 大山倍達総裁の座右の銘の言葉です。

体験から学ぶこと。

本当に沢山あります。

また、それが、空手道をより深く、深くしてくれるのです。

交流試合後、佐伯師範のお心遣いでスタッフの打ち上げに参加させていただきました。
月島だけにもんじゃ屋さんでした。
関西出身の自分ですので、ヘラを持たせていただいたからにはと、鉄板奉行を勤めさせて頂いておりました。
その隣では、同じく佐伯師範が鉄板奉行となり皆さんへと焼いておられました。
そんな師範ですから、このような雰囲気ので交流試合となったのだと改めて思うのでした。

勉強になりました!押忍!


2008. 02. 23  
春一番でしょうか?

今日は、風が強い日ですね。
しかも、温かい風です。

先日のブログにも、書きましたが、温かい日は、ほっとします。
春一番が、春の訪れを告げて、
温かな日差しの中で、稽古ができると良いですね。

しかし、それと同時に花粉の季節でもあります。
花粉症持ちの自分としましては、
新たなる戦いの日々が繰り広げられようとしております(苦笑)。

寒さの厳しい冬には、その寒さから学ぶことがありますね。

温かな春の日差しからは、そのポカポカとした大らかさを学ぶことができると良いですね。

それが指導にも反映されると、怒鳴ることも、減るのかもしれません・・・。

明日は、新極真会の佐伯師範のご厚意により、第2回佐伯道場交流試合に参加してまいります。

正伝流にも、春が来ると良いですね。


2008. 02. 22  
今日は、温かな日でしたね。
そんな日は、何となくホッとします。
寒い冬も、もうすぐ終わりですね。

そんな日。
道場への途中。
あるお家の庭に梅の木が植えてあります。
その梅の木に、花の蕾がついていました。

もうすぐ、咲くぞ!

・・・という力強さを感じるのでした。

その梅の花。
昨年、桜の花が咲く頃には、散り。
新緑の夏をすごし、
冬には、その葉も散り果てました。

そして、今。
蕾が春が近くまで来ていることを教えてくれます。

人も同じですね。
結果、結果と焦ってみても、
根をしっかりと張っていない者は、
花を咲かせることは、難しい。

長い冬かもしれませんが、
しっかりと、根を張れるような生き方をしていきたいものですね。

空手も同様。
試合も、然りです。

精進あるのみです。

2008. 02. 21  
今年に入り、ライスワークとなりつつあるけん玉道。
その成果か、振り剣なる技も、200回に1度の確立から調子が良ければ10回に1回ぐらいへと上達(?)してまいりました(苦笑)。
このけん玉、こうして、ああして、こうなるというものでは無い。
練習あるのみ・・・。
そして、段々とわかってくるものらしい。
体の使い方なるものがです。

理屈と言うよりも、本当に感覚的にできる様になってきます。
できるようになってくると楽しいのは、空手と同じです。

そして、先日。
我が家に、「ルービックキューブ」なるものがあった。

娘が買って来たのです。
さて、大変な目に遭いました。
自分は、人生において、この「ルービックキューブ」なるものの6面がそろったことは、無かった。
本当に昔。
何度、やってもできなかった。
その宿敵が我が家に来たのです。

戦うこと3時間あまり。
あ~っ、やっぱりできない!!!

その時、パッケージの文章が目に入る。
「解説書は、この中。」

何・・・!
解説書があるのかということで、
それを取り出す。
そこには、攻略法が事細かに書かれておりました(苦笑)。

その後、攻略すること1時間。
ついに、完成!

感覚的にいくらやっても、できなかつたものが、マニュアルという理論で、できたのです。

「けん玉」と「ルービックキューブ」。
感覚的なものと理論的なもの。

どちらも、面白いものであるのです(苦笑)。

また、どちらも、必要です。
空手には!

2008. 02. 20  
先日、新ゆりの駅前に用事があり、出掛けました。
随分と久しぶりの新ゆりという感じが強かったのですが、
そこで、ある張り紙が目に入って来ました。

それは、平成18年に拡張型心筋症で心臓移植が必要という診断がくだされた「まなちゃん」のことについてのものでした。
当時、この心臓の移植費用に1億2000万円以上のお金が必要とのことで、
地域をあげての募金活動が繰り広げられたのです。
また、当時の道場でも、缶の貯金箱に募金が集められたことを良く覚えております。
その結果、3億円近い募金が集まり、「まなちゃん」は、アメリカへ。

その後が、どうなったのか・・・と思っておりましたら
このようなお礼の張り紙を見つけることができました。

その後の経過を伝えるものでした。

ホームページ「まなちゃんを救う会」
http://ameblo.jp/save-mana/

でも、見ることができます。

詳細は、そちらを見ていただければと思いますが、
アメリカで診察を受けたところ、冠状動脈の異常ということがわかり、
その治療をすることで、心臓移植を回避できるかもという事になったとのことから、
ついに、回避ということまでを書かれておりました。
また、ご両親の感謝の言葉なども伝わってくるものがありました。

諦めてしまえば、
そこで潰えた小さな命が助かったこと。

良かったです!

また、大切なことを教えて貰ったと思えるのでした。


2008. 02. 19  
昨日の関東交流試合。
全敗・・・。

今日、稽古の前。
少年部の父母様と話をさせて頂きました。
意気消沈というのは、こういう事でしょうか・・・。
皆さん、とても、申し訳ない・・・と思われていたので
こちらが恐縮してしまいました。
こちらこそなのです。

そんな先生、父母を横目に少年部の子供達は、今日も、やる気が満タンでした。
負けは、負け。
必要以上に引き摺らない!
次は、今週末。
新極真会 佐伯道場交流試合と、すでに、切り替わっておられました。
何とも、何とも、逞しい限りです。

極真会館 創始者 大山倍達総裁は、言われました。
「空手の修行は、断崖をよじ登るが如し」と・・・。

気力、体力でよじ登り、しかし、ふとした油断で、落下してしまう。
その様な壁を前にした時、どう思うのか。

立ち竦むのか、登るのか?

悔しければ、強くなるしかない!

勝ちたければ、挑むしかない!

チャレンジすること。
何度でも、何度でも。

頑張るべし!

2008. 02. 18  
JKJO 第15回審判講習会及び関東交流試合が開催されました。
会場は、戸田スポーツセンター。
正伝流空手道中村道場からは、審判講習会に自分を含めた3人が受講、関東交流試合に選手が9人出場しました。
審判講習会は、関東交流試合で、実際に審判に入り、ジャッジメントをすることを通して、
審判の技量を挙げていくというものです。実際に審判に入る時以外は、その横で、白、赤のプレートでひたすら練習を行って行くのです。ですから、一日行われる審判講習会が終わりますと、疲れた・・・となります。

今回の関東交流試合には、200人を越える選手が出場。
審判講習会には、70人の審判員の方が受講されておりました。
また、3月2日にジャパンカップを控えていることもあり
出場している選手のレベルは、本当に高かいものがありました。
結果、正伝流空手道中村道場から出場した選手は、2人 不戦勝があっただけ。
もう少しという試合もありましたが、全員が初戦敗退となりました。
これは、とても厳しい結果ですが、しっかりと受け止めて行くことが大切。
自分達は、まだ、まだ、弱いという事です。
気持ちを引き締めて改めて、稽古に挑んで行けるようにしていきたいと思います。
また、選手の皆さまも、同様であって欲しいと思います。

今回の審判講習会。
審判の技量というものの大切さと難しさを改めて実感させられました。
ジュニアの試合のジャッジメントは、正直、とても難しいところがあります。
ジュニア選手の技量は、前記した通り大変高いものがあります。
ですから、その試合の内容は、非常に僅差での判定となります。
その僅差の判定を明確なものにするためには、審判の技量を向上させることが、とても大切なのです。
ですから、JKJOでの審判講習会の意義と言うものは、とても意味のあるものだと思います。

ジュニア選手権大会が各地で盛況な昨今。
審判の質の向上は、心より願うことであります。

正伝流空手道中村道場からも多くの良い審判員が出ることを願っております。




プロフィール

中村清志

Author:中村清志
空手暦27年 
正伝流空手道 中村道場 
師範 
http://www.seidenryu.com/
FACEBOOK 中村清志
https://www.facebook.com/nakamura.kiyoshi.587

カレンダー
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。