--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007. 12. 31  
先日の稽古納め&納会から一夜明けて、やることが沢山ある。

先送り、先送りにしてきたことのしわ寄せが・・・。
折角の休みの日だというのに、朝からテレビも見る暇もなく年賀状。
せっせと書いておりますが・・・。

夕方まで、がんばりました(苦笑)。

終わらないのですが・・・。

そんな中、板橋に行ってきました。

関東近郊の師範方の忘年会に出席させていただくためにです。

その中で、先日、行われましたJKJO全日本ジュニア大会のことについてのお話がありました。
色々と改善していくこともあげられておりましたが、全日本規模で、これだけの空手団体がまとまって大会ができることがすばらしいことだと思うのです。
極真会館 創始者 大山倍達総裁が生前言われていた空手界の大同団結へとつながる可能性を感じる話でした。
実際には、色々と問題があるのですが、そういう前向きな話を実現していくためにという話は、とても良いと思うのです。
今は、ゴールが見えなくても、段々とゴールに近づいて行く事ができると良いですね。
正伝流でお役にたてることがあれば良いのですが・・・。

帰りは、師範方の車に便乗させていただき、空手道MAC本部道場経由で、新ゆりまで送っていただきました。
車中では、沢山のお話を伺うことができました。
空手道MAC本部道場も見学をさせていただきました。

とても、勉強になったことは、言うまでもありません。
感謝です。

その後、駅前で買い物。
やることが多いのがわかっているにも関わらずDVDを借りてしまいました・・・(苦笑)。

DVDは、「Die Hard 4.0」

借りるだけならば、まだしも、しっかりと見てしまいました・・・・(反省)。

今、それを見終わってブログを書いております。

当然、自分の状態も、Die Hard です。
なんで、稽古の無い日にこんなに追い詰められているのか・・・(苦笑)。

今年が終わるまで、あと、21時間。

Die Hardな状態。

自業自得なのですが・・・(苦笑)。

まさに、師走。

がんばるべし!



スポンサーサイト
2007. 12. 30  
本日、正伝流空手道中村道場の稽古納めでした。

午前中。
幼・少年部稽古納め。
いつも、一緒に稽古をしていない少年部の動きに
幼年部は、唖然とするばかり。
そして、スパーリング。
緊張しながらも、楽しい稽古となったようです。

夕方。
一般部の稽古納め。
集まった道場生37人。
少年部の選手から女子部、一般部、壮年部と
参加層の幅のある稽古となりました。

基本稽古。
いつもより多めに突いて、蹴りました。

そして、108人スパーリング。
道場生37人が参加しての厄落しです。
単純に考えると3周で終了。
20秒ごとのスパーリング。
全員が完遂した時には、有に1時間を超えていたのでした。

厄落しなのか、拳で語る会なのか、それは、人、それぞれですね。
キッい稽古であるのですが、皆さんの感想は、「楽しかった!」となるのは、不思議ですね。
お互いに相手に対するこの一年の色々なものを込めてのスパーリングだったからこその
楽しかったなのではないのでしょうか。

正伝流空手道中村道場が4月に道場開きとなりました。
沢山の一生懸命に支えられての8か月です。
あっと言う間に過ぎました。
そして、今日の稽古納めを迎えることができたこと
とても、感慨深いものがあります。

みんなで一生懸命に畑を耕し、種を捲いた8か月でした。
来年は、その種をみんなで育て、大きくしていけると良いですね。

小さな花も沢山。
きれいな花も咲くかもしれません。
樹木となり、何十年、何百年と残るものもあるかもしれませんね。

それは、咲いてみなければわからないことです。
どんなものになるか、想像すること。
これは、楽しいことです。

そういう楽しいことが一杯に詰まった2008年となりますようにと思うのでした。

本年の稽古、道場生の皆様。

お疲れ様でした。

そして、来年も、がんばりましょう!


追伸 その後、大掃除。そして、納会。
    終わったのは、先ほどであったりします。
    たくさんの笑いの飛交う時間となりました。
    
    みなさん、無事に帰れたのでしょうかね・・・。









2007. 12. 29  
この時期になるとひとり、ふたりと顔を見なくなってきます。
また、稽古の終わりには、ご父母様方より年末の丁寧なご挨拶を頂きます。
年末を実感できる時期となりました。
正伝流空手道 中村道場の稽古納めも、いよいよ、明日。
一年が過ぎることの早さを身に染みて感じております。

そんな中。
本日の幼年部の稽古。

稽古納めで話すことではありますが、
今日で終わりと言う人も多いので話をしました。

道場で一番、学んで欲しいことです。
一生懸命を学んで欲しいことを話をしました。

試合で頑張ること。
稽古を頑張ること。
挨拶を頑張ること。
先生の話を聴くことを頑張ること。

その頑張ることから一生懸命を学んで欲しいと思うのです。

空手は、道場以外で使うと犯罪となります。
大抵は、相手の人を傷つけることになるからです。

しかし、空手道で学んだ一生懸命は、学校の勉強でも、
遊びでも、家での手伝いでも、色々な生活の場で活かすことができます。

一生懸命になるためには、次の二つが大切です。

一つは、自信。
自分自身を信じることができること。
自分は、やればできるんだということを信じることができることです。

もう一つは、楽しむ事。
楽しむ事ができなければ、一生懸命には、なれないものです。

一生懸命は、道場以外でも学ぶことはできます。

学校でも、
家庭でも、
友達同士の遊びの中からでも。

一生懸命は、どこにでもあるのです。

色々なところで学んだ一生懸命を空手で活かす。

空手で学んだ一生懸命を色々なところで活かす。

そうなると、とても良いですね。








2007. 12. 26  
今日は、少し趣旨が違います。
人探しに協力できればということでブログに掲載させていただきます。
先日、道場生方から岩田和輝くんが行方不明になっているとのことで相談がありました。
また、先ほど、自分の友人からも、連絡がありました。
何か、協力ができればと思い、ブログに掲載させていただきます。
できるだけ、多くの情報があればと思います。
外出していく時に少し気をつけるだけで、発見できる確率が上がると思います。
よろしくお願い致します。

【捜査依頼メール】
友達から下記の内容メールが送られてきて、なるべく多くの方にご協力をお願いしたいそうです。できれば、他のお友達への転送をお願いします。内容は下記のとおりです。
しりあいのお子さん(横浜市都筑区民)が行方不明だそうでご協力 お願いします。
岩田和輝(いわたかずき)君。150cm、45kg、NIKEトレーナー(カーキ)ベージュズボン、黒スニーカー、adidasウエストポーチ。12/ 6(木)午後1時半頃自宅から行方不明。岩田さん〓09014687141都筑警察〓0459490110まで情報提供をお願いします。もし見つけたら 「お名前は?」ではなく「いわたかずきくんですか?」と聞いてあげてもらえますか?「お母さん来てくれるからね」と言えば落ち着いて待つそうです。公開捜索しているらしく、他の人にこのメールを転送しても構わないそうです。もしかしたら電車に乗った可能性もあるらしいです。発達障害があって徘徊癖もあって、雨風をよける知恵とかもなくって公園のベンチとかにいることが多いらしいです。中学1年だそうです。昨日新聞に載ったそうです。ご協力お願いしますとの事。※都筑警察に問い合わせたところ12/26現在まだ見つかっていません。よろしくお願いします。との事でした

【情報提供】下記のコメントを頂きました。貴重な情報、ありがとうございました。

リンク先の都筑警察署でも情報を収集されているようです。

また 、http://maps.google.co.jp/maps/ms?hl=ja&gl=jp&ptab=2&ie=UTF8&msa=0&msi
d=115866292605996081875.000441a4587924232de7c&ll=35.559602,139.571171&s
pn=0.062981,0.11467&z=13&om=1&output=html
にてgooglemap上で目撃情報が収集されておられます。
年末の非常に寒さが厳しい時節ですので、早く保護されますよう願うばかりです。


2007. 12. 26  
本日、やはり、娘は、熱のため、学校をお休み。
そんな日は、学校の終業式の日。

それではということで、通知表を受け取りに行ってきました。
何十年振りかに受け取った通知表。
不思議な気分でした。

その表紙。
「あゆみ」と書かれておりました。
そのタイトル、自分の時もそうだったような気がしております。

昔は、1から5までの5段階評価でした。
今は、小学校1年生だからでしょうか、「よい」と「がんばろう」の2段階評価です。
そして、評価している項目は、多く、感心してしまいました。

先生が書かれている所見など、細かく丁寧に書かれていること。
ひとつ、ひとつに込められているものを感じるのでした。

空手道の道場でも、見習うべきところが多々あると思うのでした。

子供、やはり、学業が本業であると思います。
ですから、成績が悪いのならば、稽古をしないでも
勉強をするべきだと考えております。

許されるのであれば、道場生の通知表、テストの点数は、
全て教えて貰いたい程です。

成績が悪い場合は、補習をさせる道場と言うのは、どうでしょうか・・・。

成績が優秀な方は、勝手にドンドンやっていけば良いのです。
少し躓いているとか、厳しくなってきているならば、
何とかなります。

勉強したくないから始まって
段々、わからなくなるものです。
そして、もう、いいや・・・。

大事になると好きな空手もできなくなるのです。

文武両道。

当たり前のことなのですが、難しい時もありますね。







2007. 12. 25  
メリークリスマス!

キリストの誕生を祝う日ですね。
教会に一年に、一度、日本中の人がクリスチャンになる日です。

今年のイブは、祝日。
これは、珍しいですね。
そんな日ですからのんびりと過ごされた方多かったのではないのでしょうか。

家で家族で過ごしたり、
都内でデートの方も、多いのでしょうね。

我が家は、娘が大風邪をひいてしまいました。
39度の熱がある中でも、クリスマスケーキを食べた根性は大したものです。
今は、熱でうなされているやら、サンタさんを楽しみにしているのやらですが・・・。

入院中のKさんからメールを頂きました。
お見舞いの方から沢山のケーキをいただけたそうです。
その上、食事にもケーキがついていたそうです(苦笑)。
ケーキの数だけ、たくさんの方に愛されているのですね。
お腹を壊しても、病院ですから安心です。

そうかと思えば、仕事の人も多いようです。
残業、残業。

「今日は、何時まで道場開いてますか・・・。」というメールもありました。

申し訳ないです。
お休みです・・・。

日頃、忙しい日々を過ごされている方が多いと思います。
ですが、日常の生活。
どこかで、必ず、バランスを取る必要があります。
そうでないと何かが壊れていくと思うのです。

体を壊してしまう人もいます。
精神的に変になってしまう人もいます。
社会での生活に適応できなくなる人もいます。
仕事、仕事で、家庭が壊れてしまうこともあります。

だからこそ、このような日があること。
みんなが、いつもより少し優しくなれる日があること。

素敵だと思いますね。



2007. 12. 23  
12月22日(土)
第1回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会が開催されました。

日本全国から各地予選を勝ち上がったジュニア選手達が等々力アリーナに集結しました。
その規模は、個人戦27階級、団体戦5階級 全体で32階級、712人にもなるものでした。

激しい地区予選を勝ち上がってきたジュニア選手の動きは、本当にすばらしいものがありました。
どうすれば、あのようになれるのかと・・・考えるばかりです。
小学生の低学年でも、かなりの動きをしているのです。

正伝流空手道中村道場からの出場者は、残念ながら居ませんでした。
残念ならが、地域の予選を突破できるものがいなかったのです。
その代りと言っても良いのでしょうか・・・スタッフのお手伝いに行って来ました。
スタッフ協力は、9人。

個人戦 72試合。
団体戦  6試合。
団体戦では、1試合で5つの試合が行われますので、全てで30試合ということになりました。
ですので、合計で102試合を運営手伝いさせていただきました・・・。

自分も、今回は、スタッフとして参加。
タイムキーパーをやってまいりました。
久しぶりのスタッフというもの、楽しかったです。
色々な師範方ともお話をさせていただけたこと、勉強になりました。
スタッフの立場から見た大会の運営、今後、大いに生かせると思います。

全体の予備の人数が居なかったので、休憩は、無し・・・。
スタッフという段階から修行のような境地へと達したことは言うまでもありません。

みなさま、本当にお疲れ様でした・・・。

今大会。
ジュニア選手権大会の最高峰と言える大会でした。
先程も、書かせていただきましたが、
兎に角、選手のレベルが高かったです。

しっかりと地区予選をして、一年に一度、その代表がしのぎを削る大会です。
今後のジュニア選手の目標となることを心から願うばかりです。
また、そういう目標があることが、すばらしいことですね。

来年は、正伝流空手道中村道場からも、出場できるように頑張りましょう!



2007. 12. 21  
師走です。

今年も、残すところ後、10日となってしまいました。

やらねばならないことが、多々とあり・・・。
そんな状態の日々。

大人の方は、色々と忙しい時期ですね。
忘年会、仕事の整理、片付け、あいさつ回りなどなど。
普段、稽古、特に試合前など色々なものを差し置いて稽古に没頭しているだけに
この時期には、仕事、私生活に偏ることは、仕方のないことだと思います。

そうやって、バランスをとっていくことができなければ、
職場、家庭では、空手に対しての理解は、かなり低いものになると思うのです。
「好き勝手なことばかりやりやがって・・・。」となっては、空手ができなくなってしまいますね。

そうなっては、大変な話となるのです。
そうなる前に、奉公返しでは、無いですが、頑張ってきてください。
そして、楽しんで来て下さいね。


そんな最中。
少年部、がんばっています!

一般部に参加してくる者。

小さな体で、聾唖者のハンディを持ちながらも、必死になって特トレを頑張っている者。

毎日、毎日、遠くから稽古に来ている者。

特トレで、泣きながらも、頑張っている者。

過呼吸で息ができていないのに、立ち向かって行く者。

なぜ、そこまでできるのか・・・。

彼らの生き様なのですね。


そして、今日。

木曜日は、大切にしている稽古があります。

自閉症というハンディキャップをもっている少年部と2人で稽古をする時間です。

最初は、みんなと一緒に初心者クラスからと始めたのですが、
とても、難しいということで、お母さんと相談してこのような時間を設けさせていただいております。
そんな時間ですから、道場には、自分と彼の2人っきりです。
誰かがいると、自閉症という症状を持たれていると、集中できなくて、稽古にならないのです。
だから、何ができるのかなぁ~というところからの稽古でした。

変化は、すこしづつですが、感じておりました。

毎週、毎週、できることが明らかに増えてきていること。

そして、今日。

チャレンジをしてみました!

いつもは、自分と彼の2人きりの稽古。

今日は、お母さんが見学しての稽古です。
自閉症の彼にとっては、かなりのハードルです。

そして、彼は、それをやり遂げることができました。

健常者ならば、当たり前にできることです。
ですが、彼にとっては、大きなチャレンジでした。

チャレンジから学ぶこと。

沢山、ありますね。

その瞬間に立ち会えること。

指導者冥利に尽きる瞬間です。






2007. 12. 20  
クリスマスが近づいていますね。

お子さんへのプレゼントは、決まりましたか・・・?

サンタを信じている少年部。
大体、2年生あたりまでは、信じているのでしょうか・・・?
小学1年生は、かなりの方が、まだ、信じているようですね。

大切な人にプレゼント。

誕生日
クリスマス
お祝い
お見舞い など色々な機会がありますね。

どんなものを贈りますか。

兎に角、値段で勝負という人も居るかも知れませんが、

贈る人が、どんなものだとよろこんでくれるかなぁ~と考えながら
あ~でもない、こ~でもないと思案するのですね。

楽しいことでもありますが、

これが、以外と難しいことだったりします。

相手の方がどんなものを好むのか、否か。
わかっているようで、わかっていないものですね。

プレゼント。

お金をかければ良いというものではありません。

どれだけ心を込めて贈ることができるのか・・・。


心から出た言葉は、相手の心に伝わるように、
プレゼントも同様です。

心を込めて贈ったものは、相手の心に伝わるのです。






2007. 12. 19  
先日の少年部のクリスマス会のエピソードがあります。

もうすぐ開演というところ。
トイレで、なにやらやっている。
トイレのレバーがいつもと違うところまで、上がっていた・・・。

道場は、人だかり・・・。
この状態でトイレが使えないとは・・・。
そこを必死になおそうとする茶帯くん。
しかし、中々、難しい・・・。

ダメもとで、中村挑戦。
本当の応急処置でその場をしのぐことに成功!!!
壊れたパーツをセロハンテープでくっつけるという荒業でした。

そして、週も変わり、月曜日。
このままではと・・・、修理を依頼。

夕方に修理にやってきてくださいました。
少年部の稽古の最中。

トイレでゴトゴト・・・。

やがて、修理のおじちゃん。
そのトイレのレバーをもっていずこへ・・・。

おじちゃん曰く、暫く、バケツで流して使ってくれ・・・という言葉を残し何処へ。

緊急事態発生に騒ぐ少年部。
では、早速、試してみようという事に。

実験開始。

バケツに水を入れ、便器に流すと
レバーを廻した時のように、水が流れるでは、ありませんか・・・!

こういう構造だったんだと思う元メカ屋の中村。

少年部が、大はしゃぎ。

もう一度、やって!

見えなかった!

などなどで、リクエストに応えること3回。

興味深々の出来事でした。

そして、トイレには、水を入れたバケツをスタンバイ!



その後、おじちゃんが戻って来て、一件落着。


トラブルを楽しんでしまうこと。

とても、凄いことであると思ってしまう自分でした。

たかだか、トイレの故障の話なのですが・・・(苦笑)。

子供の凄さです!






プロフィール

中村清志

Author:中村清志
空手暦27年 
正伝流空手道 中村道場 
師範 
http://www.seidenryu.com/
FACEBOOK 中村清志
https://www.facebook.com/nakamura.kiyoshi.587

カレンダー
11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。