--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007. 07. 30  
本日、朝、目覚めると家中の大掃除を始めました。

合宿、前日。
最後にまとめること、沢山、あるのですが・・・。
なぜか、掃除からはじまった日となりました。

思えば、昔からそうです。
試合の前日、部屋の掃除をしました。
もしかしたら、何が起こるかわからない・・・。
誰が、この部屋に来ることになるかもわからないという
気持ちで、何があっても言いようにと掃除をしておりました。

自分の中でのテンションは、その時と同様。
もしくは、それ以上かもしれません。
もっと、強くなるという目標をもっての合宿。

合宿後は、すぐ、ジュニア大会。
ここで強くならなければという危機感。
自ずと気合が入ります。

毎日の稽古が一日分、強さを育むとしたら、
一年に一度の合宿では、一年分の強さを育むことができると思います。

2泊3日の合宿。
キツさを楽しんで、がんばってきます。押忍。


追伸

7月30日(月)~8月1日(水)の期間、中学生・少年部合宿のため、月曜日 少年部、火曜日 幼年部、夕方一般部、水曜日 午前部がお休みとなります。水曜日 午前部は、金曜日 午前10時30分に振り返られます。よろしくお願い致します。

また、合宿崎では、パソコン環境が無いため、ブログもお休みとなりますので、ご了承ください。
次回、ブログで、報告をさせていただきます。
スポンサーサイト
2007. 07. 29  
毎日の稽古の中、季節の変わり目をとても感じます。
先日まで続いていた雨音。
そろそろ梅雨明けですね。

本日の稽古。
みなさんの道着は、バケツをひっくり返したような汗となっておりました。
暑かったです。

一般部の稽古も終わり、
ベンチプレスの台に腰掛けて、
道場生の方々とおしゃべりをしておりました。

一瞬の間ができて、会話が途切れました。
その隙間に、アブラ蝉の鳴き声が割り込んできました。
その後、ヒグラシの鳴き声。

熱気を帯びた道場。
汗を吸った道着が、逆に身体を冷やしてくれます。
そこに、心地の良い風が吹いておりました。

暑い中での、妙な心地良さに和んでしまいました。

こんな気持ちの良さもあるのだなぁ~と嬉しくなりました。


人間、ドンドン贅沢になりますね。

食べるものも良くなります。
着るものも、良くなっていきますね。
自分の生活する空間も同様です。

最初は、とても、良い感じに満足しているのですが、
段々と慣れてきます。
これが曲者です。

贅沢やら、快適さやらで、色々な感覚が麻痺してきます。

おいしいものを食べたければ、自分が空腹になれば良いのです。
そうすると、どんなものでも、とても、美味しいのです。

稽古の後のひと時。
そよ風・・・。

こんな時間もあるのです。

夏の稽古。

覚悟を決めて、がんばりましょう。




2007. 07. 28  
もうすぐ、8月。
全日本ジュニア大会が近づいて来ます。
試合に向けて稽古を積み重ねて来られた方々には、疲れが溜まって来ているようです。

ウェイトトレーングをされている方ならば、良くご存知のことです。
「疲労」「栄養」「休息」が上手く循環してこそ、記録が向上されていくことです。

しかし、空手をされている方は、「疲労」させること、すなわち、運動して鍛えていくことに対しての取り組みは、すばらしいものがあります。
しかし、残りの二つの点につきましては、上手くない方が多いです。
自分も、限り無く人のことは、言えておりませんが・・・。

疲労の蓄積は、怖いですよ。
体のだるさから始まり、
心のモティベーションの低下。
それでも、がんばっておりますと怪我をして、やがて稽古ができなくなります。

人間の体。
無理をしていると必ず、無理をしているよと、日常生活でちょっと変な「症状」が出てきます。
それを通り越してがんばっていると「病気」になります。
その病気を押し通しておりますとやがては、「狂」の状態となります。

この3段階。
どの状態で休息を取るかですね。

「症」の状態となったときに、疲労を取るために、本当に勇気を出して稽古を休まなければならないときがあります。

この勇気。
相手に立ち向かうこととは、質の違う勇気です。
特に試合前は、稽古をしないことに、とても、恐怖を感じます。

・・・ですが、とても、大切なことです。

稽古をするときには、一生懸命に稽古をしましょう。

休むときは、しっかりと休息を取ってくださいね。

2007. 07. 27  
本日、正伝流空手道中村道場にフルコンタクトカラテスクールの渡邊参段が出稽古に来られました。

フルコンタクトカラテスクールの佐野代表のご紹介での出稽古となりました。

稽古体系の違う道場への出稽古。
色々と戸惑われていたようですが、
空手センスと身体能力は、選手としての実績が示されているように、
ずば抜けておられました。

スパーリング。
上段を蹴られた者、多数・・・。

稽古の後、渡邊参段の上段への蹴りのプチ講習会が開催されたことは、言うまでもありません。

とても楽しく、刺激的な稽古となりました。

このような機会をつくってくださった両名に感謝です。

出稽古。
やはり、ひとりで来るところから始めるのが良いと思います。
出稽古に来られた側も、とても良い刺激となりました。

本日の稽古で経験されたことで、
また、皆さんがひとまわりも、ふたまわりも、強くなられること楽しみですね。

ガソリンスタンドでガソリンを補給するが如く。
このような経験、とても大切ですね。

今日の結論。

空手は、やはり、楽しい!





2007. 07. 26  
本日の午前部。
いつもは、学校の少年部がお父さん、お母さんと一緒に稽古に参加しました。
夏休みですね。
自分も、娘がおりますが、親子で空手稽古ができること、とても楽しい時間ですね。

日常生活において、どれほどの方々が運動をされているのでしょうか。
運動は、量ではなくて、頻度が大切だと思っております。
日常生活の中で、全く運動しない。
これは、不健康以外の何物でもないと思います。

運動をしなければ、運動しない体になりますね。
デブになるとか、メタボリックになるというのではなく、
動かない体になるのです。
速く走れないとか、運動パフォーマンスとかではないのです。

人間の体は、呼吸をしています。
まずは、呼吸が弱くなります。
沢山の空気を吸って、吐く。
これができなくなります。
従いまして、血液の中の酸素も減るのです。
血液の循環も悪くなるということですね。

そういう状態。
運動をしなければ、全く問題がありません。
しかし、いざ動いてみると、何だこれは・・・となります。
体の中の空気、血液、経絡などすべてが詰まって狭くなっているのですから当然のことなのです。

しかし、頻度のある運動を続けていると、色々なものの循環は、スムーズにできるのです。

散歩をするもの良いと思います。
ジョギング
トレーニング
エアロビックス
水泳などなどできることは沢山あります。

それが自分にとって空手なのです。

正伝流空手道中村道場の道場訓にあります。

健康であること。

沢山の少年部を指導させていただいて思うことは、お父さん、お母さんには、常に健康であって欲しいということです。

少しの運動習慣。

それが、健康の秘訣ですね。

慌てず、焦らず、少しずつ。

がんばってみては、如何でしょうか。



2007. 07. 25  
本日は、写真に始まり、写真で終わった日でした。

始まりは、娘の七五三の写真撮影。
最近の七五三は、夏に撮るのかい・・・。
家内に任せきりとなっている今日この頃。

着物は、どれが良いとか、
ドレスは、これが・・・。
娘も、一人前に夢中で選んでおりました。

生まれて間もない頃。
どこぞかの写真屋さんの割引券が当たった。
その時に撮った写真。
これは、さすがプロと言う写真でした。
満面の笑みの写真でした。

1歳後半。
もうすぐ、2才と言う頃。
ひとりで撮りたくないだの何だのと、泣いて、泣いて撮った写真がありました。

5歳。
新しい服を着て近くの神社へ。
そこで、パッチリと写真。

そして、7才。

別の写真を探すために、色々と写真を見ておりました。

昔の懐かしい顔がありました。

こんな顔をしていたんだ・・・。
覚えているつもりでも、ズレて来るのですね。
記憶の中で、美化して行くのでしょうか。

新しい毎日を過ごします。
昔のことが、ドンドン、記憶の底に押し込まれていきます。
その時の感覚を心が覚えております。

そして、あれ、こんなんだったんだ・・・。

このアバウトさ。
何か、いいなぁ~と思いました。

覚えて、忘れる。
そして、また、覚える。

それを繰り返して、自分のものにするのが空手の稽古ですね。

人生も、空手も、似たり拠ったりですね。

自分の記憶力の問題かも知れませんが・・・。
それならば、お許しください・・・。

2007. 07. 24  
7月30日(月)~8月1日(水)に開催されます中学生・少年部合宿の期間中の稽古は下記の通りとなります。ご注意ください。

①月曜日少年部・火曜日幼年部・夕方一般部A お休み
②水曜日午前部  金曜日10時半に振替。
③月曜日一般部B、火曜日一般部C、水曜日少年部、一般部C 通常通り。
2007. 07. 24  
家主様と駐車場利用者の方のご理解により、正伝流空手道中村道場の車を置く場所が変わります。
その結果、臨時駐車場が使えるようになりますので、駐車場のおける台数が7台に増えます。
下記のスケジュールに従っての変更となります。
ご遵守ください。

≪スケジュール≫

7月24日(火) 駐車場No.14とNo.10の変更。
  29日(日) 駐車場No.15とNo.12の変更。臨時駐車場も使用可。

詳細は、道場に貼り出してありますので、ご確認ください。
よろしくお願い致します。
2007. 07. 24  
地震、雷、火事、親父。

昔の人が恐れていたものです。

最近、新潟の方で起こっている地震。
被害にあわれた方々のことを考えると胸が痛いです。
また、地震の恐ろしさをまざまざと見せつけられます。

雷、火事。
同様です。

しかし、「親父」。
怒られることへの恐怖の象徴です。
これは、どうでしょうか・・・。

稽古中に注意をします。
できなくても、一生懸命にやっている者を怒ったり、注意することはありません。

気が抜けている者。
遊んでしまう者。
他の者にちょっかいを出している者。

このような場合、自分は、かなり怒りモードになってしまいます。

最初は、注意。
大抵は、この注意で直ります。

2度目は、厳重注意。
ここまで、注意されるものは、稀です。

3度目は、怒りモード となります。
大抵の子供は、泣いてしまいます。

怒りモードとなったときは、かなり厳びしくなります。
しかし、・・・です。

泣いた子供。
反省していると思いきや・・・。
すぐに、ケロッとするものがいます。

怒られることを恐れるということ。

上手く行かない事への悔しさ。

向上心の現れです。

向上心が育たない。

無関心。

空手に関しての無関心。

自分自身の事に対しての無関心。

こういう子供たち。
成長していく、きっかけ。

稽古の中にはあるのです。

焦るべからず・・・。

わかっては、いるのですが・・・。

それが、難しい・・・。



2007. 07. 23  
本日、第4回 親子空手教室を開催致しました。
親子空手教室、とても、楽しい稽古となりました。
常連での参加してくださっている親子の方々。
初めての参加の親子の方々。

何とです。
このブログで親子空手教室のことを知られた方が、2組体験で来られました。

少し暑い日でしたので、お父さん達は、汗をびっしょりとなり、
「自分の方が大変です・・・。」と笑われておりました。

また、お母さん方の上達振りには、目を見張るものがあります。
この右ストレートを貰ってしまうと大変だと思い、旦那様に、ごめんなさいと心の中でつぶやくのでした・・・。

お父さん達の子供と触れ合われている姿。
本当にすばらしいです。
どうしても、仕事の都合で子供達と触れ合う時間が限られてしまうお父さん。
ですが、親子空手教室での子供達に向けられている視線、しぐさ。
慈愛以外の何物でも無いのです。

月に一度の企画ですが、親子のコミニュケーションの場となれば、こんなに嬉しいことはありません。

また、次回の詳細が決まりましたら、道場の掲示板とブログでご案内させていただきたいと思います。

来月も、楽しみにしております。

夕方。
自分のご近所のお父さん達10人が集まり飲み会。
通称 パパ会です。
この飲み会、不定期ですが、これも、また、楽しい会です。
色々な話題になります。
しかし、最後は、いつも、子供達への深い、深い慈しみの心が話しの節々から感じられてきます。

がんばれ、パパ達!!!


プロフィール

中村清志

Author:中村清志
空手暦27年 
正伝流空手道 中村道場 
師範 
http://www.seidenryu.com/
FACEBOOK 中村清志
https://www.facebook.com/nakamura.kiyoshi.587

カレンダー
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。