--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007. 05. 31  
空手の道場には、色々な方が来られます。
老若男女さまざまです。

お母さんのいう事を聞かない元気な子供達から始まり、
中学生、高校生、学生。
試験の時など本当に大変そうです。
そんな時でも、稽古に来る彼らには強くなってもらいたいと真剣に考えてしまいます。
学生も、3年生、4年生になると就職活動がかなり厳しいのを拝見させていただいております。
また、少年部を連れてこられるお母様、お父様たち。
道場設立の際にも、沢山、励ましていただきました。
社会人の方々も、沢山、来られます。
中には、会社で偉い方もおられます。

道場に来られて稽古をする時は入口での挨拶の十字を切ります。
その後、当たり前ですが、皆さん、道着を着て稽古をします。
道場に十字を切って入ってきたら、普段の生活の立場、肩書きなど関係なくなります。
素の自分に戻って、空手の稽古に取り組むことができます。
そして、滝のように大汗をかいて、稽古を終える時には、
身体は疲労するのですが、心は、元気になります。

いつも、思います。
道場とは、お風呂みたいだなぁ~と・・・。
汚れた服を脱ぎ、
浮世の垢を洗い流し、
心をリフレッシュさせてくれます。

学びの場でもあり、
憩いの場でもあるのです。




スポンサーサイト
2007. 05. 30  
本日、アメリカのテネシーから一時帰国をされたKさんが道場に遊びに来てくれました。
お土産に、さすがテネシーでしょうか、ビーフジャーキーとSunkistのキャンディーを頂きました。

sunkist.jpg


キャンディは、写真のようにとてもきれいです。
道場のカウンターの上にありますので、皆さんでお召し上がりください。

彼とは、何年ぶりになるでしょうか。
また、何年、一緒に空手をしたのか・・・。
日曜日の朝、随分と熱く稽古をしたことを覚えています。

「お~っ、久しぶり!」から始まり、会っていなかった時間は無くなります。
会っていなかった時間も、お互い、空手バカだったようです。
事務室でお互いの近況報告。
彼の空手暦も、大したものです。
聞いている自分も、楽しくなりました。

お互いに連絡が疎遠になっていたとしても、
このような機会にすっと集まること、とても楽しいことですね。
また、嬉しくもあり、ありがたいことです。
このような「縁」が沢山詰まった道場、良いですね。

結局、彼を入れて5人での稽古となりました。
一生懸命が一杯詰まった稽古となりました。
これから1年間、帰ってこないとのことですので、別れを惜しむスパーリングは、1周、2周、3周・・・と延々と続いたのでした。

また、来年、拳で語るべし!

2007. 05. 29  
道場で楽しいこと。

いろいろとあると思います。
でも、一番楽しいことは、やはり、強くなったと実感できる瞬間だと思います。

今まで、歯が立たなかった先輩に負けなくなった。
試合に勝てた。
帯の色が変わった。
先生に褒められた。
後輩が増えた(?)・・・。
黒帯を取得した。

自分が強くなったと思える瞬間は、さまざまです。
また、人の求める強さも、人、それぞれです。

その強さが、自分の生活の中で、
もしくは、生き方の中で活かされてこその空手道です。

みんなで強くなることを楽しめる道場にして行きたいですね。

2007. 05. 28  
本日、2回目の親子空手教室を行いました。
今回の参加は、7組14人での開催となりました。
指導をさせていただいている立場ではありますが、とても楽しく行うことができました。
感謝です。

親子空手教室を行う上でとても大切にしていることがあります。
それは、「スキンシップ」です。
いつもは、ひとりでおこなう柔軟体操も、親子で行うととても楽しくできます。
また、少年部の表情がいつもと全然違うのです。
いつもの顔も、凛々しくてよいのですが、
親子空手教室での顔は、家庭での素顔に近いところを見せてくれているのではないのでしょうか。
いつもは、先生に持ってもらうミットも、お父さん、お母さんに持ってもらうと、いつも以上にがんばれるようですね。

父親とキャッチボールをしたことを思い出すことがあります。
野球などは、親子で一緒にできるものですね。
空手も、親子でやってみるとかなり楽しいものだということが実感できます。

試合を目指すことも空手です。
強くなることも空手です。
道を極めようとするのも空手です。
色々な空手があって良いと思います。

親子の絆を少し深めることができる空手も、すばらしいですね。
次回の親子空手教室、これもまた、楽しみです。



2007. 05. 27  
今日は、いろいろとありました。
娘の授業参観日から始まった本日。
小学校の授業を朝の9時から参観させていただきました。
担任の先生は、とても、とても丁寧に教えてくださっております。
自分ならばゲンコツ百連打ぐらいの子でも諭すようにその子の立場に立って語られておりました。
勉強になりました。

その後、学校の前にある道場へ。
午前 幼年部の指導。
運動会、そして、目の前の小学校では参観日。
本日、休講かも・・・と思っておりましたら3人来られました。
午前中の稽古、とても、とても風が気持ちよく吹いておりました。
道場の場所が少し高いところにあるので、天気のよい日は、本当に気持ちがよいです。
そんな中での稽古は、とても楽しく過ぎて行くのでした。

2時に友人のバートレイさんが道場に遊びに来てくれました。
バートレイさんは、早稲田大学とか色々な大学で英語を教えられているアメリカ人です。
なぜ、来られたかというと自分の自宅のご近所さんなのです。
そんなときに見学に来られた年中の幼稚園生。
バートレイさんとのワンポイント英会話の後には、幼稚園生の口から「See you!」の声が・・・。
発音が英語でした。

それから1時間程、バートレイさんと雑談。
中村が算数。バートレイさんが英語で、何かやろうと「どてら企画」で、盛り上がっていたところに、少年部が3人登場。
道場で自主トレをしたいと考え、お父さんと一緒に来られました。

バートレイさんは、本当に良い人なのです。
沢山の人にご紹介したい友人です。
快諾してくださり、急遽の英会話教室が開講となりました。
これはひょっとして、第一回どてらの会では・・・。
バートレイさんのレッスンは、凄く楽しそうでした。

土曜日、たまに、遊びに来てくれるようになるかもしれませんよ。
そうなると本当に良いですね。
楽しみです。

そうこうしているとき、本日のストレングス・トレーング講師の相川先生が来られました。
道場には、自分と少年部とパパ、そして、バートレイさん。
結局、受講者は、自分ひとり・・・。
とっても、贅沢な時間でした。

少年部の関係で2時間しか時間が取れなかったのはとても残念でしたが・・・。
凄く、凄く勉強になりました。

今日のテーマは下記の通りです。
「有酸素能力を向上させると同時に脂肪をエネルギーとして利用できる体質を作るホルモンコントロール」です。
内容は、三大ホルモン インシュリン(糖、炭水化物)、グルカゴン(たんぱく質)、エイコサノイド(脂肪)の摂取をコントロールすることでスタミナを向上でき、脂肪の付き難い体を作ることができるということについて伝授いただきました。
大切なことは、2点。
ひとつ目は、起床後30分以内に炭水化物を必ず摂取すること。
2つ目は、食事と食事の間隔を5時間以上開けないということです。

詳細を知りたい人は、中村に確認下さい。
資料あります。

それ以外にも、感覚領域での運動パフォーマンスについても、直伝いただきました。
とても、勉強になり、面白かったです。
あっと言う間の2時間でした。

相川先生と話込んでいるといつも、こんな風に時間が過ぎます。
次回は、来週土曜日1時~5時までを予定しています。
興味のある方は、是非、ご参加ください。

そして、少年部指導。
最近の指導は、どうも熱くなります。
特に木曜日の少年部の特トレは仕方がないとしても、
何故か、土曜日の少年部。
見学に来られていた女の子が一言。
「先生が怖い・・・。」

中村「・・・反省。」

一般部。
黒帯、黒帯、黒帯の日でした。
こちらも熱く楽しい稽古となりました。

小学校の先生。
バートレイさん。
相川先生。
そして、自分。

沢山の先生がいること。
色々な教え方がありますね。
共通している事は、皆、「熱い!」です。
心から出た言葉は、心に伝わります。
楽しい一日でした。押忍。





2007. 05. 26  
本日、一般部の特トレ。
出稽古に選手が着ました。
彼とのスパーリング・・・。
何年ぶりでしょうか。
まあ~、性格の明るいことこの上なしです。
キッイことをしても、彼がいると、稽古が賑やかになりますね。

空手の稽古は、ご存知の通り、キッイです。
このキッイところを苦しくやる人は、我慢、我慢の連続です。
ですから、知らず知らずのうちに萎縮した、そういう空手になるひとが多いようです。

しかし、最近は、これを楽しくやってしまえる人が増えてきたように思えます。
幼年部・少年部の子供達においては天才的なものがあります。
これは、凄い才能だと思います。

キッくしなければならないとか、
辛くなければならないと思い込むことに捕らわれない心の置き方。

ちょっと、意識を変えてみると
キッさの中に楽しさという間を見つけることができるようになります。
これができる人は、キッイことに尻込みをしないので、のびのびと動くことができます。
ドンドン、楽しむ事ができて、強くなります。

キッいところを楽しむ。

できると良いですね。


2007. 05. 25  
深夜、テレビをつけました。
「トシガイ」というテレビがやっていました。
何気なく、みておりました。

「年齢×壱万円」のお金が貰えます。
ただし、自分の人生を豊かにするために使ってください。
このような企画です。
今回の挑戦者(?)安田美紗子さんという女優さん(?)でした。
さて、どのようにするのかと見ておりました。

その時、ふと疑問にぶつかりました。
自分だったら・・・。
「42万円也。」
しかも、人生を豊かにするために使うのです。
自分が挑戦しているわけでもないのに、悩んでしましました・・・。

安田美紗子さんは、京都出身ということもあり、
京都から離れて京都の良さがわかるようになった。
だから、もっと色々なことを知りたいし、手に入れたいものがあるとのことで、普段着用の振袖と小物、そして、着付けの講習料で25万円を使い切りました。
確かに今後の人生を豊かにできる使い方だと感心しておりました。

番組も終わり、
残されたものは、自分ならどうする。
該当者でもないのに、まだ、考えております。
みなさんなら、どうされますか。

時間があれば・・・。
「空手をやりたい!」という自分です。

お金があれば・・・。

テーブルは、買っていただきました。
サンドバッグは、何本買えるのでしょうか。
吊るすところもない。

ビッグミットも、同様です。

空手修業の旅にでも・・・。
出てる時間は無いだろうと自分で反論。

みんなで、焼肉パーティー・・・。
間違いなく喰い稽古になります。
しかも、食べきれないでしょう・・・。

結論としては、道場を良くしたい。
色々な先生に来ていただくこともできるかも知れませんね。

さて、沢山の人がお金が欲しいと思っております。
しかし、本当に大切な事は、お金ではなくて、
そのお金で何をしたいのかということです。
お金は、とても大切なものです。
しかし、実際は、とても便利な道具だと思います。

お金がなくてもできることも多いと思います。
お金が無いとできないことも、沢山、あります。
また、いくらお金があってもできないことも沢山あります。

皆さんのやりたいこと、何ですか・・・?












2007. 05. 24  
親子空手教室
日程 5月27日(日) 
時間 午前10時30分~12時
会場 道場

親子のうちどちらかが会員であれば参加できます。
参加料は、特に必要ないです。自分も、娘を連れてきます。
楽しい稽古の時間です。奮ってご参加ください。

特別一般部稽古
日程 5月29日(火)
時間 午前10時30分~
会場 道場

アメリカに転勤されているMr.久保山が一時帰国されます。
折角ですので、稽古をしようということになりました。
昼間の稽古は、気持ちが良いですので、お時間のある方はおいでください。
事前に中村まで連絡いただけますと嬉しいです。


2007. 05. 24  
亀仙人というキャラクターを知っていますか。
ドラゴンボールに登場するキャラクターです。

kamesen.gif


ドラゴンボールは、自分が高校生の頃に始まった漫画です。
現在、人気が再燃しつつある「北斗の拳」とともに少年ジャンプと言う雑誌を支えたものです。
少年部でも、人気があるのでご存知の方も、多いのではないのでしょうか。

主人公の悟空が亀仙人に弟子入りをするときに、
亀仙人が悟空に聞きました。

「何のために武道を修業するのか?」

悟空「・・・・。」

亀仙人は、答えました。
「修業をすることで、すこしだけ余裕を持てるようになる。その余裕で人生を楽しむために修業をするのだ・・・。」


まだ、空手もはじめていなかった自分にとっては、見流す程度のものでしたが、自分の心の奥底に残っていた言葉です。


「何のために空手をするのか。」
空手修業をしているものならば、必ず考えることだと思います。
答えは、人それぞれあると思います。

空手を始めたきっかけは人により様ざまです。
また、目標も、人により様ざまですね。

この命題を自問自答することは、武道哲学の入口でもあります。
空手から空手道へと昇華するところでもあります。
そこを考えることが、また、楽しいところでもあり、深くなるところでもあります。

2007. 05. 23  
1+1=2
2+2=4
これは、算数の話です。

1人と1人だと2人分。
2人と2人だと4人分でしょうか。

人と人が交われば、これが引き算になるときもあれば、
足し算になるときもあります。

中には、何と掛け算になる人たちがいます。

2人と2人だと4人分。
3人と3人だと9人分。
10人と10人だと100人分です。

このように掛け算で物事を進められると、とても良いですね。
これは、掛け算的に物事を考えることができるか、否かということが大切だと思います。


要するに意識の問題だと思います。

空手の技も、そうです。
すべてを筋力で賄おうとすると足し算か、引き算ばかりとなります。

姿勢、
体の使い方、
呼吸の仕方などなど。
空手の理法にしたがった動きができれば良いということになります。

そういうことを意識していると
相手を制圧することにおいて、掛け算となることができると思います。

掛け算的な意識の置き方、体の使い方ができる空手家になりたいと思う今日この頃です。



プロフィール

中村清志

Author:中村清志
空手暦27年 
正伝流空手道 中村道場 
師範 
http://www.seidenryu.com/
FACEBOOK 中村清志
https://www.facebook.com/nakamura.kiyoshi.587

カレンダー
04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。