--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007. 03. 31  
本日は、道場に設置するためのトレーニングマシン2台が届く日でした。
そのとレーニングマシンを選ぶにあたり、あ~でもない、こうでもないと検討を重ね、結局、今回の二台を購入することが決定しました。
スミスマシンとラットマシンの二台です。

最近は、本当に便利な時代になったと思います。
・・・というと、年寄りになった気分になりますが、
本当に便利な時代だと思います。
昔だったら、考えられないような機能のものが、すぐに、手に入るのです。
自分達の時は、殆どをフリーウェイトでやっておりました。
パワーの世界は、非常に面白かったです。
しかし、怪我には、沢山の選手達が、泣かされました。

これからトレーニングを本格的にはじめよとする人たちには、
トレーニングの面白さ、そして、効果を存分に味わって欲しいと思います。
しかし、しなくて良い怪我はしないに越したことはないと思います。
怪我をして、学べることもあるのですが、やはり、怪我は嫌ですし、
して欲しくないです。

話は、完全に横道に逸れておりましたが、
この2台のマシンが、4時ぐらいに届くということで、
突然の呼び出しにも関わらず、3人の人が駆けつけてくれました。
自分を入れて4人。
宅急便を待つこと1時間。
やっときました。
みんなで、運び込み、マットをひいて、いざ、組み立て。

いやぁ~、時間のかかること、かかること。
5時からはじめて、終わったのは、10時でした。
販売元の方は、2人ぐらいで、1時間ぐらいで組み立てられるよと言われたそうです。
真に受けた、自分が甘かっただけなのですが・・・。
予定しておりました稽古はできないという有様でした。
終わるころには、稽古をしにきた人達を巻き込みに、巻きこみました。
最後は、沢山の人がマシン作りに励む結果に・・・。
お手伝いに来てくれたみなさま、本当にお疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。

道場には、沢山の物が、道場生の方々によりつくられております。
何もないところからはじめられた道場ですので、当たり前ですが・・・。
道場のロゴ、道着、下駄箱、道場の塗装、トレーニングマシン、マットなどなどです。
言い出したら、きっと、きりがないです。

自分は、こういう形で、沢山の物が道場にあふれていくことは、非常に嬉しいことだと思います。
一生懸命につくってくれたものには、やはり、その人の想いが込められています。

たくさんの想い。
いろいろな可能性。
そして、一生懸命。

人が成長できる場所には、そういうものが集まります。
そして、そういう場所が道場となるのです。
スポンサーサイト
2007. 03. 30  
「忙しい!」から、後にしてくれ~!
良く使う言葉ですね。
否、良く使ってしまう言葉です。

この言葉を使うと、とても嫌な気分になります。
それは、「忙」と言う漢字は、「心を亡くす」という字だからです。
自分の心を亡くして、何ができるものかといつも、いつも、考えさせられてしまします。
独り反省です。
だから、できるだけ、本当に、出来る限り、使いたくない言葉です。

「やることが沢山ある。」
「時間が無い」

出来るだけこちらの言葉を使うようにしております。
小さなこだわりかも知れませんが、
自分にとっては、勝負所であったりしております。



2007. 03. 29  
昨日、久しぶりの人からメールが来ました。
メールの最後の文章に「ヨロシク!」と書いてありました。
暫く疎遠になっていた方からのメールでした。
相変わらずの口癖は、メールでも同じでした。
「ヨロシク!」という言葉に妙な感動すら覚えてしまいました。

久しぶりだなぁ~という気持ちやら、
元気そうで安心という気持ちやら、
心配掛けているなぁ~と言う反省やらです。
メールは、デジタル的だという人もいますが、
心のこもったものには、デジタルも、アナログも、関係ないのですね。

また、本日、ペンキ塗りの弟子入りをしておりました。
道場の塗装です。
ペンキ塗り師匠は、手際がすばらしい。
作業が早い。
当然、出来上がりがすばらしいという三拍子です。
しかも、自分の手の届かないところも、楽々、届いてしまう・・・。
それは、自分が背が低いだけでしょうという意見もありますが・・・。
兎に角です。
自分から言わせていただくならば魔法のようでした。

そういえば、道場の工事をしてくださった大工さん達も、魔法使いの集団のような方でした。
見る見るうちに、あれよ、あれよとばかりに色々なものが出来ていく様は、魔法です。

魔法のような技は、感動を与えます。
空手も、同じです。
超一流の選手達の熱い試合。
無我夢中で、がんばる少年部達などなど。


相手に対する思いやり。
職人の技。
プロ意識。
沢山の想い。
強い気持ち。

心の籠ったものは、人に感動を与えます。
感じて、動く!
これが、自分の次の行動のエネルギーになります。

さあ、次は、自分が行動する番ですね。






2007. 03. 28  
本日の稽古は、いい感じでした。
修羅のような人ばかり・・・。
スパーリング中、脚を攣ってしまう人もいれば、
ミドルで唸る人もいる。
しかし、くじけない!

こういう目をしている道場生は、良いですね。
また、稽古が終わってから、いつまでも、サンドバッグをやったり、
ミットを蹴ったり・・・。
そんなに楽しいのか・・・と聞く必要が無いほど、楽しそうな時も、良いですね。
稽古が終わって、何となく会話が弾む時、これも、また、楽しくて良いですね。
「良いですね・・・。」が、道場には、沢山あるのです。

話が逸れてしまいました。
「なぜ、くじけてはいけないのか。」
それは、途中で終わるからです。
途中で終わると、結果が出ません。
結果が出ないと、自分に何が足りなかったのかが、見えにくいのです。
その結果、次につなげることが難しくなるのです。

絶対に諦めない、そして、くじけない。
これは、簡単ではないのですが、
空手を通して学んでいく一番大切なことだと思います。
そして、それが、自分自身の芯となるのです。

2007. 03. 27  
春休みです。
お母様方は、朝から大変な毎日が続いておられるのでしょうか。
我が家でも、娘が春休みを満喫しております。

そんなある日のことです。
帰り道、いつもの公園を横切り、
いつもの曲がり角を曲がろうとしました。
その時、目の前の階段を指差して、娘が言いました。
「曲がらずに、この階段を昇って行こう」と・・・。
「道が違うよ・・・。」と自分が、やさしく(?)言いました。
「行けそうな気がする。」強い意思で、娘。
「無理!」意地になる自分。
では、勝負だとばかりに行ってみる事に・・・。

結果は、物凄く近道でした・・・。
何年間も、知らずに、これだとばかり思い込んでいた道でした。
知らぬが仏でした・・・。

人の思い込み、良い結果に繋がることもあります。
しかし、人の成長を止めていることも多々あるようです。
思い込みを取り除くきっかけは、日常の中に、沢山、潜んでいると思います。
素直な気持ちと物事の本質を見ようとするアンテナがあれば・・・。
物事の本質を見る事は、意外とたやすいのかも知れませんね。

帰宅道、勝ち誇ったように歩く娘。
「我以外、皆師なりか・・・。」と思う素直な自分。


そして、何となく癪に障っている人間らしい自分がおりました。
未熟、故に・・・。
2007. 03. 26  
空手の道場には、沢山の方々が来られます。
年齢も、様々。
生活環境も、様々。

幼稚園の子供もいます。
小学生の子供もいます。
少し生意気な中学生もいます。
受験が大変な高校生もいます。
社会にこれから出て行こうとしている大学生もいます。
会社勤めをしている人もいます。
お母さんもいます。

とても社会で活躍されている人もいます。
ちょっと躓いている人もいます。
何となくという人もいます。

本当に様々な方がいます。
当然、強制的に空手道場に来ている方は、ひとりもいません。
老若男女問わず、自分の意思で空手道場に通って来られております。
空手の稽古に参加するために、色々な調整をされて稽古に来られている方が殆どだと思います。
だからこそ、毎日の稽古をつけさせていただくと言う事は、真剣勝負となります。

空手の稽古は、キッいです。
この稽古が楽しい稽古になるか、辛い稽古になるか・・・。
そこが、問題です。

こうなりたいという気持ちのある稽古は、楽しいです。
上手くなってきたと思える稽古も、楽しいです。
良い緊張感のある稽古も、楽しいです。
褒められると、これまた、楽しいですね。

しかし、やらされている稽古は、辛いです。
こうなると自分の心が悲鳴を上げます。
 
稽古を楽しむ!
人生を楽しむ!
心のあり方が、大切なのです。




2007. 03. 25  
茄子は、茄子。
カボチャは、カボチャ。
トマトは、トマト。

自分らしく。
貴方らしく。

己を知り、
人を知り、
人の縁を大切にしていくと、
より豊かに生きて行けると思います。

空手は、自分を知る機会を沢山、沢山、与えてくれます。
自分の心の弱さ。
自分の身体的な弱さ。
自分の生き方の弱さ。

人間は、独りで生きていけるほど強くは、ありません。
だから、みんなと生きています。
人との縁を大切に。
そこから、本当の優しさと強さが生まれて来るのですから。


2007. 03. 24  
以前、極真会館の本部道場にお邪魔させていただいたことがあります。
道場は、もちろんのこと、廊下から、階段まで、塵ひとつなく、磨きこまれたように掃除されておりました。

掃除は、とても、不思議です。
掃除をすると今まで気にならなかった汚れ、埃が目に付きます。
それを掃除すると、また、別のところが…。
結局、それは、納得行くまで続いていくのです。
徹底的にやる人は、磨き上げるごとく!
アバウトな人は、それなりのアバウトさで…。

空手も、同じです。
自分の空手の出来ていないところを直すと、また、次の課題が見えてきます。
それを克服すると、また、次への繰り返し。
自分の出来ていないことを、少しづつ出来るようにすることの繰り返しです。
どんな小さなことでも、できなかったことが出来るようになる事は、凄いことだと思います。
そんな小さな凄いことの積み重ねが、大きな結果を生み出すのです。
途中であきらめることなく、最後までやり抜き、己を磨きあげていきたいものです。

2007. 03. 23  
今日、来訪者がありました。
小学生の来訪者です。
昨日、試合をしたとのことです。
同じ相手に5回連続で負けた…。
彼は、決して弱くはないのです。

電車に乗って、バスに乗って来てくれました。
遠くから一人で、当たり前のように来ました。
試合の報告と稽古をするために、たった一人で。
何度も、何度も、負けた試合を二人で見ました。
前回の試合のことも含めて、二人で、色々と話をしました。
どうすれば勝てるか…。
どうすれば良いのかと…。

それから、稽古。
二人で稽古。
あっという間に、暗くなり、彼は、帰路に…。
遠い道のりを、また、一人で帰って行きました。

只、ひたむきに…。
強くなりたい!
試合に勝ちたい!

がんばれ!

2007. 03. 21  
3月21日 春分の日 祝日です。
春分の日は、お彼岸です。
空手を通して、学んだことのひとつに日本の文化があります。
それは、とても、家と言うものを大切にしてきた文化です。
ご先祖様を大切にし、家を大切にし、家庭を大切にし、子供達に夢を託すという文化です。
12年前に母を亡くしてから、春分の日、母の命日、お盆、秋分の日、自分にとっては大切な日です。がんばってますよと報告の日です。
新しく道場をつくりましたら、クリスマス会のほかにも、色々なイベントをやりたいですね。
みんなが、とても、楽しめるものが良いです。
餅つき、豆まき、おひなさま、端午の節句、七夕、そして、クリスマス会ですか。
自分ですら、このあたりのことを考えるので、衆知が集められると、もっと、楽しくて、ワクワクできるようなイベントが出来るかもしれませんね。
それで、子供達が喜んでくれると、こちらも、最高にハッピーになります。
そうだ、そうだ、実は、空手の道場でした。
稽古をしろ、稽古を・・・。
寒稽古は、海と滝、どちらが良いか、みんなで良く考えて見ましょう。
夏の海稽古は、最高に楽しいですけれども・・・。
冬は、厳しい!死んでしまうかもしれない・・・。
プロフィール

中村清志

Author:中村清志
空手暦27年 
正伝流空手道 中村道場 
師範 
http://www.seidenryu.com/
FACEBOOK 中村清志
https://www.facebook.com/nakamura.kiyoshi.587

カレンダー
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。