--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009. 02. 13  
梅の花が咲き、草木には、花の蕾が膨らんできた季節となりました。
もうすぐ、春一番が吹くと、一気に温かくなってきますね。
いよいよ、長かった冬が終わりに近づいてきました。
しかし、この季節。

温かくて気持ちが良い人ばかりでは無いのです。
花粉症の季節でもあります。
自分は、23年の花粉症のキャリアがありますので、この季節は、本当に嫌になります。
ここ数年は、何だかしらないですが、症状が凄く軽くて済んでいるので、「花粉症卒業」か・・・と勝手に思い込んでおります。

この花粉症。
そうでない人には、全くわからないことです。
鼻水は出るし、目は痒いし・・・酷くなると体がだるいし、何をやるにしても、大変。

しかし、こんなに大変なことでも、そうでない人には、全くわからない辛さです。

空手をやっていますと色々な人に出会います。
また、共に過ごす時間があります。
人には、それぞれの課題があったり、悩みがあったり・・・。
それは、時に花粉症と同じ。
その人は、苦しくても、それ以外の人には、わからないことということも多々あるのです。

花粉症の季節。
そんなことを考えたりします。

ちょっと、人に対して、優しくなれる季節なのかもしれません・・・(苦笑)。



スポンサーサイト
2007. 05. 07  
道場には、3つの時計があります。
それぞれの時計が、道場生の方々から寄贈されたものです。

ひとつは、道場。
ひとつは、トレーニングスペース。
最後のひとつは、事務室にあります。

それぞれの時計が、時間を刻んでいきます。

時計


人間の寿命は、享年○○才。
・・・と言うように年数という時間で数えられております。
年数を細かくしていくと「年」ではなくて、「秒」となります。
1秒、1秒の積み重ねが、時間となり、年数となり、人の寿命となります。

しかしです。
本当にそうでしょうか。

空手道の稽古では、呼吸というものをとても大切にしています。
一動作、一呼吸ではなく、
一呼吸、一動作となるように。

動作に呼吸を合わせていますと、息が切れます。
はぁ、はぁ、はぁ・・・となるのです。
逆ですと、息が切れる事はあまりありません。
この場合は、大抵、腹式呼吸となっております。
この呼吸の仕方につきましては、型の稽古をしていると良くわかります。

呼吸は、息を吐いて、吸います。
その繰り返しです。

一呼吸の中に吐いて吸うという陰陽があります。
このどちらかが欠けても、人は、生きて行けません。
只、生きている間に何回呼吸したかなど、計測する事は不可能です。
しかし、呼吸しながら生きております。

一呼吸、一呼吸。
命の連鎖が続きます。
呼吸の中から身心のリズムができます。

稽古の中では、一呼吸、一呼吸を意識することが大切です。
そこから組手のリズムができるようになると良いですね。




プロフィール

中村清志

Author:中村清志
空手暦27年 
正伝流空手道 中村道場 
師範 
http://www.seidenryu.com/
FACEBOOK 中村清志
https://www.facebook.com/nakamura.kiyoshi.587

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。